高齢出産のその後・・・アラフォーママの子育てブログ

38歳と40歳で高齢出産しました。高齢出産のその後の現実とは?厳しい現実なのか、楽しい子育てなのか・・・?(笑)

不妊治療

43歳3人目、2度目の凍結胚盤胞移植の結果も陰性&その理由

投稿日:

今日は胚盤胞移植の判定の日でした。

43歳、3人目、2度目の凍結胚盤胞移植、予想通り撃沈・・・(^^;)

まあフライングしてたので、結果は分かっていたのですが。

そして私の心境としては・・・。

先日の記事でも書いた通り諦めモードです。

参考記事 ⇒ 43歳、もう3人目を諦めようと思った出来事

ちなみに、前回に引き続き今回も陰性だった理由について聞いてみました。

子宮側の年齢はあまり関係ない

私は、前回に引き続き今回も駄目だったことについて、やっぱり私の年齢のせいかなあと思っていました。

もともと移植をする前の話では、凍結胚盤胞1個あたりの妊娠率は4割という話でしたから。

で、先生に「やっぱり年齢のせいですかね?」と聞いてみたんですが、先生の答えは「いえ、着床するかどうかは採卵時の年齢によるので、今の体の年齢はあまり気にしなくても良いでしょう」との答え。

なので、先生によると、45歳の人に20歳の人の受精卵を移植すると当然妊娠する確率は高いんだとか。

(ちなみに今回移植した胚盤胞は36歳ぐらいの時に採ったものです。)

ただ、もちろん出産経験や加齢によって、子宮内膜が厚くならない事などがあれば、それはやっぱり着床には影響するけど、今回も7mm以上はあったので、それも問題ないとのこと。

そもそも子宮内膜が薄ければ注射等を使って厚くするし、あまりに薄ければ移植をしないので、母体側の年齢はあまり関係ないですよ、と言われました。

じゃあ今回ダメだった理由は?

単純に卵が妊娠する卵でなかっただけのことだそうです。

う~ん、妊娠できるかどうかって、本当に卵にかかってるんですね。

言い換えれば、若い時に卵さえとっておけば、ある程度高齢になってもほとんど問題はないし、移植に関していえば、自分の努力なんてあまり意味がないってことなんですかね?

何だか聞いていて気が抜けたというかなんというか・・・。

年齢のせいじゃなかったんだなと。

そういう卵の運命だったんだなと、何だか少し楽な気分になりました。

やっぱりどこかで、私の年齢のせいで・・・とか思ってましたから(^^;)

まあ逆に言うと、もう努力のしようもないわけで、どうにも出来ないわけですけどね。

もちろん、子宮内膜を厚くするために血行を良くしたりっていう努力ぐらいは出来ると思うけど。

採卵時はともかく、移植時にはあまり本人の努力とか関係ないのかもしれない。
(もちろん普通は採卵と移植は同時期に行うので、卵の質の為に体調を整えたりリラックスしたりする努力には当然意味があるとは思う。)

でもそう考えると、今回前回の移植の胚盤胞は、最初から着床しない卵だったわけで、だったら1人目2人目の妊娠は、本当に奇跡的だなあと思いました。

だって、見た目の良さでグレードをつけて、たまたま1番目と2番目に良かった卵が、1人目2人目として無事妊娠出産し、3番目4番目は妊娠しない運命だったんですから。

まあ、うちの病院や今日の先生の考え方が正しければの話ですけどね・・・(^^;)

今後の不妊治療の予定

卵はあと1つ残っています。

一番グレードの悪かった卵なので、正直確率は低いと思います。

それに先日の記事で書いたように、もういいかなあと思っている自分もいます。

でもそれと同時に、ここまできたら最後の1つもお腹に戻してあげたいと思う気持ちもあります。

不妊治療をして採卵をしたことがある人なら、もしかしたら分かってもらえるかもしれないけど、やっぱり大変な想いをして採取した大事な卵なんです。

最後までちゃんと行く末を見届けてあげたい、なんてそんな気持ちを持ってたりもします(^^;)

それに何だか最近周りのママ友が3人目ラッシュで・・・。

なぜか2人目じゃなくてみんな3人目。

もちろんみんな私より若いですけどね・・・。

それでもみんなが口にする「3人目は泣いていても何をしててもかわいい」。

そんな言葉を聞くと、自分も3人目を育ててみたかったなあという思いはやっぱりなかなか消すことが出来ません。

3人目を産んだママはみんなとても幸せそうで、見ていると微笑ましい気持ちにもなるけど、やっぱり羨ましいなあとも思ってしまいます。

とりあえず11月末にちょうど更新期限がやってくるので、今すぐに移植の準備をしたとしても期限内の移植には間に合わず、移植するなら1度保管期限の更新をしなくてはいけません。(ちなみに半年で5万だったかな。)

なので、とりあえずはいったんやめて、更新するかどうかを考えることにしました。

移植するなら更新するし、移植しないなら残り1つはもう諦めて破棄ということになります。

ちなみにここでいったんお休みしたのにはもう一つ理由があります。

次の移植からは、出産時にもう44歳になっちゃうんです・・・Σ(゚д゚lll)

まあ43歳も44歳も一緒っちゃあ一緒ですけどね。

でも何となく(出産時)43歳までかなあと思っていたので。

それにもう十分頑張ったのかなあという思いもあります。

ま、往生際が悪いので、もうしばらく悩んでみます(笑)

 

-不妊治療
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

上の2人との貴重な時間のために3人目をまた迷いだした私・・・

超高齢での凍結胚盤胞移植が終わり、今日が判定日です。 でも事前にフライング検査を行い、どうやら今回はダメだったようです・・・(^^; 覚悟を決めての移植だったので、陰性だった時は少し残念でしたが、その …

破棄できなかった凍結胚盤胞ー3年かかって私が出した答え

今日は不妊治療の病院へ3人目の凍結胚盤胞移植のスケジュールを決めに来ました。 結局前回の診察から2週間、ずっと迷っていました。 仲の良いママ友と話をして決めたつもりだったけど、やっぱり心のどこかで不安 …

不妊治療は何年かかる?私が1年4ヶ月で妊娠できた理由

私が不妊治療を始めたのは36歳になってすぐでした。 実は不妊治療をすればすぐに子供が出来ると思っていた私。実際には不妊治療を始めて1年4ヶ月かかりました。それでも、不妊治療にかかる平均年数に比べるとか …

43歳、もう3人目を諦めようと思った出来事

ただいま3人目の凍結胚移植をして結果待ち中の43歳。 今までもたくさん悩みながら、葛藤しながらも、どうしても凍結胚盤胞を破棄したくないという思いで治療を続けてきたわけですが、実は先日、もう諦めようと思 …

40代からの不妊治療ー人工授精か体外受精か?

先日、同級生(今年43歳)と少し年上の先輩(今年46歳?)と会う機会があり、不妊治療について話をしました。 もちろん2人とも私が不妊治療(顕微授精)で2人を授かったことも知っていて、今3人目の治療で悩 …