高齢出産のその後・・・アラフォーママの子育てブログ

38歳と40歳で高齢出産しました。高齢出産のその後の現実とは?厳しい現実なのか、楽しい子育てなのか・・・?(笑)

悩み

高齢出産して40代なのに3人目がどうしても諦められない理由

投稿日:2017年5月2日 更新日:

私は今現在42歳。38歳で長男を出産、40歳で次男を出産しました。

2人とも不妊治療で授かり、38歳初産で2人目まで無事に出産することが出来たことは本当に幸せだと思っています。

もともと1人目を産む前から兄弟は2人と思っていたので、1人目出産した後は、迷うことなく2人目の不妊治療に踏み切りました。

2人目は、1人目の時に凍結していた胚盤胞を移植して、1度目で妊娠。
その時の胚盤胞があと3つ病院に残っています。

2人目出産後、更新期日がきて、1度は破棄の電話を病院に入れました。2人の子育ては大変だったし、そもそも3人目なんて考えられないと思っていたので。

でもね、破棄の電話をした後、突然不安感におそわれました。
本当にこれでいいのだろうか?
後悔しない?

慌てて病院に破棄を取り消す電話を入れました。

それからもう2年以上たちますが、結局悩みながらずっと高い更新料を払い続けています。

私が3人目を悩み続けている理由がいくつかあります。

関連記事 ⇒ 高齢(42歳)で3人目の子供を諦めようかと思う理由とその対策

 

「私に縁のある子供が3人いる」と言われたこと

実は私、結婚前後あたりにある占い?に行ったことがあります。

占い?というか神社でお坊さん?に見てもらったんですが、その人、見える人ではなく聞こえる人なんです(笑)

私も初めて友人に聞いた時は、「は、何それ?」と言いました(^^;

でもね、その人が言ったこと、実際に当たったんですよね。何と友人の子供の性別まで!

当時、私は30代半ばで、まだ不妊治療どころか結婚もしていたか、まだだったか、そんな時期でした。(結婚は決まっていたと思うけど。今の旦那と行ったので。)

正直、自分に今から子供が出来るのか悩んでいました。普通に考えて30代半ば。不妊治療も始めてなしい、旦那は自分が男性不妊だと思っているし、旦那の仕事は安定していないし、自分はもう子供は出来ないのかもしれないと焦っていた時期です。

それなのにそのお坊さん、「あなたに縁のある子供が3人います」と言ったんです!

正直、「3人? 今から無理でしょ、さすがに・・・(^^;」と思いましたね。

「縁がある子供は3人いますが、3人ともが産まれるかどうかは分かりません」とその時言われました。

何かその言い方、怪しいですよね(笑)
どっちとも取れるような・・・。

でもその時は、100%信じた訳ではないけど、自分にもちゃんと縁がある子がいるんだな、と安心して帰ったんですよね~。

で、当時はまだそこまで真剣に考えてもいなかったので、聞き逃したんですが、実はその時に性別も聞いたんです。

3人の中に男女ともいたんですが、どちらが2人だったか忘れちゃったんです・・・(^^;
あ~、覚えていれば少なくとも、今息子2人いる時点で、その人が言ったことが合っていたかどうか分かったんだけど。

あの時「女の子が2人、男の子1人」と言われていれば外れてるわけですからね。
「男の子2人、女の子1人」だったら、現段階では当たってるけどね。

で、まあ性別はどうでもいいんですが、30代半ばで全く子供が出来る気配もなく、無理かもと焦っていた時に言われたことが、今現実になりかけているわけです。

あの人の言ったことは当たっているのかも・・・と思えば思うほど、「縁のある子が3人います」と言われたことが引っ掛かりだしたんです。

もしかして、もう一人待っている子供がいるんじゃないかって。
うちの家族になりたい子供がもう一人待ってるのかなって。

この思いがずっと消えないんです。もう2年半ぐらい。

もちろん、高度不妊治療を行った時点で、「縁のある子」なんだろうか、という思いもあります。
普通であれば産まれなかった子供ですからね。

でも実際私のところに来てくれた長男と次男は、やっぱり縁のある子だったんだと思うんです。

もちろん3人目が男の子でもいいんです。お坊さんの言った事とは外れますが・・・。
女の子はかわいいなあと思いますが、3人兄弟なら同じ性別もいいなあと思っているので。

男の子でも女の子でも、もしうちの家族に縁がある子が、産まれてくるのを待っているのだとしたら、その子をちゃんと産んであげたいんですよね。

バカバカしいですかね・・・?親のエゴですかね・・・?
自分でもそう思って何度も破棄しようと思ったけど出来ませんでした(^^;

長男も次男も残っている凍結胚も同じ

それともう1つ引っ掛かっていることが。

これは世の中の体外受精や顕微授精をした人で、余剰胚を凍結している人は誰でもが悩むことですよね。知恵袋等でもよく見かけます。

長男と次男は同じ時の卵でした。つまり、どちらが長男でどちらが次男でもおかしくなかったということです。

そして今凍結している胚もその時のもの。
つまり、もし順番が違えば、長男や次男として産まれていたかもしれない胚が凍結してあるわけです。

それがず~っとひっかかってます。

まあね、そんなこと言ったって全部産んであげることは無理なのは分かってるんです。
後3つ残ってますからね。

42歳という年齢を考えるともちろん全部が妊娠できるわけではないだろうけど、あの時の卵ちゃんたちは優秀だったのか、長男も次男も1回目で妊娠してるんです・・・(^^;

でもさすがにあと3人は無理だから、せめて縁があると言われたもう1人だけでもと思ってしまうんですよね。

う~ん、1つ目で妊娠したら結局後2つは破棄するわけだからやっぱり矛盾してるかな。
矛盾してますよね。自分でも分かってはいるんですが・・・(^^;

周りに子供が3人以上の素敵なママがたくさんいること

そしてもう1つ。自分の意識がこの2年ほどで大きく変わりました。

私、3人の子育てなんて無理だと最初から思ってたんですよね。

でもうちのマンションは、結構3人子供がいる人がいて、2人目が産まれた直後は「ほんとすごいですよね~、3人も子供育てて!私にはホントに無理ですわ~」なんて自分が言っていたのを覚えています。

その後長男が幼稚園に上がってから衝撃を受けました。

子供が4人いるママが何人かいたんです!
「田舎じゃなくてもいるんだ!」と本当にびっくりしましたね。

たまたまそれが仲の良いママたちで。間近で彼女たちの子育てを1年間見てきました。

私が思っていた子育てとは違ったんです。良い意味で。

こんな事を書いたら怒られるかもしれないけど、子供が多いママってイライラがみがみしてるイメージがあったんですよね。もしくは肝っ玉母ちゃん的な感じか。

私は3人姉弟で、うちの母は完全にイライラがみがみしてましたから(^^;
3人でそれだから、子供が増えれば増えるほど、ママは手が足りなくてイライラして怒ってばっかり、そんなイメージでした。

でもね、私の仲良しのママたちはそんな感じじゃありませんでした。

普通のママでした(笑)
当たり前?私が偏見持ちすぎ? (^^;

彼女たちはおおらかで、子供にも優しいし、ママたちとの付き合いも良く、幸せそうでした(#^^#)

そのうちの1家族は、男4兄弟なんですが、仲良く公園で遊ぶんですよね~。これまた微笑ましくて。そしてそこに混ざって遊ぶうちの2兄弟(#^^#)

何か見てるだけで幸せな気分になりました。

もちろん、人数が多くて大変なことがあるのも本当に分かったし、家事が増えるのはもちろんのこと、学校行事やPTAなどなど、毎日本当に忙しいことも分かりました。近くで見てたからね。

それでも私が思っていた大変そうとはちょっと違ったかも。幸せそうな大変さ?とでも言うのかな。

あ~、兄弟姉妹が多いのはいいことなのかもしれない、と初めて思いましたね。

うちも旦那も兄弟3人だけど、兄弟とあんまり仲良くないので、兄弟が多い事のメリットもあまり知らなかったんだけど、仲が良い兄弟なら、たくさんいた方が楽しいんだ!なんて当たり前のことに今更ながら気づいた1年でしたね(笑)

まとめ

結局それでも2年以上悩んで悩んで、同じように悩んでいる人の体験談等もめちゃめちゃ読んで、それでも答えが見つからなかったけど、そろそろ決断の時期だと思っています。

あ~、それにしても、本当にもっと早くに子供を産んでおけば良かったなあと、こればっかりは後悔します。

そうしたら多分もう少しあけて3人目を作ったのに!

でも今の私にはもう待つ時間は残されていないので(そもそも前に進むには遅すぎる気もするけど・・・(^^;)、いい加減ちゃんと決めようと思っています。

 

 

 

 

-悩み
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

超高齢出産3人目、がんばってみようと決断できたきっかけ

ゴールデンウィーク明けに不妊治療の病院に相談に行ったあと、まだ3人目の移植を決断できずにいた私。(まあほとんどやろうとは思っていましたが) そもそも悩み続けるぐらいなら、出来ても出来なくても移植した方 …

友達がいない子供に親の私が頑張った事とその結果➀-年少の時の長男

うちの長男は、小さいころから少しお友達関係に心配がある子供でした。 私も旦那も、あまり人見知りをするタイプではなかったので、最初のころはそんな事を心配する子供になるとは思ってませんでした。 最初にふと …

友達がいない子供に親の私が頑張った事とその結果➁-年中の時の長男

前回の記事の続きです。 参考記事 ⇒ 友達がいない子供に親の私が頑張った事とその結果①-年少の時の長男 年少さんで彼の問題に気づき、ママ友を増やしたりして頑張ったけど、年中さんになってまだまだ幼稚園で …

高齢(42歳)で3人目の子供を諦めようかと思う理由とその対策

42歳、不妊治療で2人の息子を授かり、十分幸せなんだけど、どうしても3人目の子供が欲しくて悩んでいる私。 もうかれこれ1年半以上悩んでいます。悩む時間もないのに・・・(^^; ちなみに、もし望むのであ …

上の2人との貴重な時間のために3人目をまた迷いだした私・・・

超高齢での凍結胚盤胞移植が終わり、今日が判定日です。 でも事前にフライング検査を行い、どうやら今回はダメだったようです・・・(^^; 覚悟を決めての移植だったので、陰性だった時は少し残念でしたが、その …