高齢出産のその後・・・アラフォーママの子育てブログ

38歳と40歳で高齢出産しました。高齢出産のその後の現実とは?厳しい現実なのか、楽しい子育てなのか・・・?(笑)

日々の子育て

忙しくて自分の時間もない子育てが、実は幸せな時間だと気づいた日

投稿日:

幼稚園の夏休みに入り、何と子供たちは2人でおばあちゃんの家にお泊りに行っています!

去年まで長男だけで夏休みにはおじいちゃんおばあちゃんの家に泊まりに行っていたのですが、今年からは3歳になった次男も行きたいと言い出し、とうとう実現した2人だけのお泊り。

本当はゴールデンウィークに泊まりに行く予定だったんだけど、いろいろあって夏休みに延期。

私自身も、次男が産まれてから初めての1人だけ(旦那はいるけど仕事)の3日間。
本当に楽しみにしていて、友人とのランチやディナーの約束を早くから取り付け、待ちに待ったお泊りの日だったんですが・・・。

昨日、おじいちゃんおばあちゃんの家に新幹線で連れて行き、駅まで迎えに来てくれていたおじいちゃんとおばあちゃんに2人を引き渡し、そこから一人の時間を満喫しています。

まずは地元で親友と夜ご飯を楽しみ、それから新幹線でまた大阪に戻ってきました。

旦那は仕事で不在。初めての一人きりの夜。

やりたいことはたくさんあるし、やらなければならないこともたくさんあるのに、何だか何もする気になれませんでした。

好きな時間にお風呂に入り、好きな時間に寝て、好きな時間に起きる生活。

楽しみにしていたはずなのに、何だか寂しいかも。

次の日も、ゆっくり起きて、適当に朝ごはんを食べ、友人とランチに向かい、5時間ほどランチしたり、お茶したり、ウィンドーショッピングしたり・・・。

何だか独身時代に戻ったみたいな1日。

もちろんとても楽しかったんだけど、帰ってきてらかも何だか何もやる気にならない。

いつもは、子供がいなければこんなことをやりたいとか、普段できないこんなことをやりたいとか、いろいろ考えていたのに、何だかどうでも良くなってきた(笑)

ちなみに、やりたかったのは、友人と会う以外では、普段は散らかりっぱなしの部屋を片付けたり、なかなか更新できないブログを書いたり、仕事をしたり(自宅で仕事)、なんてことも思っていたんだけど、いざ子供がいないと、時間を無駄にしてしまったり、ぼーっとTVを見てしまったり。

当たり前のことなんだけど再確認してしまった。

部屋をきれいにしたいのも、仕事をがんばりたいと思うのも、子供がいるから子供の為だからがんばりたかったんだなあと。

自分だけの為なら、部屋なんか散らかっててもいいし、仕事だって別にそんなに頑張らなくてもいいいし、規則正しい生活も別に必要ないし(必要ないのか?笑)、デブになっても、汚い服着てても、年相応に老けて行っても別にどうってことはない。

子供がいるから、美味しいご飯を作ろうと思ったり、部屋をきれいにしたいと思ったり、高齢出産だから少しでも小奇麗にしたくてダイエットしてみたり、子供といろんなことしたりいろんなところに行きたいから仕事も頑張ろうと思えたり・・・。

毎日目が回るぐらい忙しくて自分の時間もなくて、こんな猛暑の中毎日セミ取りに公園に行ったりして、死にそうになったりしながら、子供の為に頑張れる、そんな生活って本当に幸せなんだなあと気づいてしまった。

そんな事を考えるてると、突然子供が独立していく将来を想像してしまい、いつかまたこんな風に子供たちがいない家で送る日常生活を想像して、何だか急に切なくなってみたり(^^;

バカだなあ私・・・(笑)
何やってんだか・・・。

子供がいることが当たり前になってしまったこの5年間。(長男がもうすぐ5歳)
忙しかったり、身体がしんどかったり、イライラしたり、腹が立つこともあるけど、とても幸せな5年間であり、そしてこの時間はずっと続くわけでなく、今だけのプレゼントなんだと再確認。

子育てなんて人生の中のあっというまの時間なんだろうから、明日迎えに行って子供たちが帰ってきたらまた一緒に思い切り楽しみたいなあと思った一人だけの時間でした(#^^#)

 

-日々の子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

破棄できなかった凍結胚盤胞ー3年かかって私が出した答え

今日は不妊治療の病院へ3人目の凍結胚盤胞移植のスケジュールを決めに来ました。 結局前回の診察から2週間、ずっと迷っていました。 仲の良いママ友と話をして決めたつもりだったけど、やっぱり心のどこかで不安 …

幼稚園でママ友トラブルを避けるために私が気を付けている事

長男が幼稚園に入る前、ママ友の世界って本当にトラブルがいろいろあるのかしら・・・なんて多少の不安があった私。 実際には良いママ友に恵まれて、今のところ大きなトラブルは起きていません。 周りに恵まれたの …

高齢出産を後悔したことー38歳と40歳で出産した私の場合

38歳と40歳で不妊治療の末に2人の息子を授かった私。 実は今まであまり高齢出産という意識もなく、もちろん高齢出産を後悔したこともなく、この年で出産したこと自体、私の人生においては適齢期だったとさえ思 …

長男の性格と次男や末っ子の性格ー長男を見ていて切なくなった話

今日幼稚園のプール参観がありました。 先生がプールの真ん中に浮き輪やビート板を入れて、子供たちはプールの端っこで並んで立っていて、先生の号令で一斉に好きなおもちゃを取りに行く時に、何だか長男を見ていて …

43歳初産一人っ子ママの話を聞いて3人目を悩む私

今日、幼稚園で顔見知りだったあるママと、初めてゆっくり話す機会がありました。 彼女のところは女の子の一人っ子。 うちの長男と学年は1つ違うんだけど、習い事が一緒だったり幼稚園の遠足でペアを組んだことも …