高齢出産のその後・・・アラフォーママの子育てブログ

38歳と40歳で高齢出産しました。高齢出産のその後の現実とは?厳しい現実なのか、楽しい子育てなのか・・・?(笑)

日々の子育て

子育てが一番楽しい時期ーちょっと切なくなった話

投稿日:

今日、長男のお友達と公園で遊んでいた時に、夏のお祭りの話になりました。

私が住んでいるところは、夏になると小さなお祭りがいろんな場所で頻繁に行われます。お祭り、というほど大きなものではなく、屋台がいくつか(10もないぐらい)並ぶ小さな夜店だったり、地元の商店街の夜店だったり、小学校の盆踊りだったり。

小さいけど数は多く、夏は本当に毎日どこかで夜店がやっている感じです。

去年は本当にたくさんお祭りに行ったなあという話をママたちとしていて、今年は一緒に行こうねなんて話をしていたんですが・・・。

去年の夏はまだ長男が4歳になったばかり、次男が2歳になったばかり。大変だったはずなのに、思い出すのは楽しかったことばかり。旦那が忙しくて夜もいないことが多いので、毎日のように3人でどこかのお祭りに出かけていました。

2016年お祭り

屋台でカキ氷を食べる長男と次男

花火大会やおみこしを担いだのもいれると、去年の夏だけで10回ぐらいお祭りに出かけたかもしれません(笑)

お祭りだけじゃなく、川遊びにセミ捕りなど、去年の夏は本当にいろんな所へ行き、たくさん子供たちと遊びました。本当に楽しかったです。

2016年セミ捕り

去年は長男初のセミ捕りにもチャレンジ!

そこでふと、子育てっていつが一番楽しい時期なんだろうと思い、帰ってから早速ネットで検索。

口コミや掲示板をざっと調べてみると、既に子供が大きくなった人がだいたい書いているのが「子供が小学校低学年ぐらいまで」ってこと。

幼稚園前後から小学校低学年ぐらいまでが、子育てで一番楽しかった時期だと思っている人が多いようです。

もともと私も子供が産まれた時から、10歳までは子供中心にたくさん遊ぼうと決めていました。子供が楽しく親と遊んでくれる時間は短いだろうなあと何となく思っていたので。特に子供が2人とも男の子だったからというのもあります。

そう考えると、今年の夏で長男はもう5歳。あと半分しかないんですよね・・・(^^;

2016年盆踊り

盆踊り大会で踊る長男

もちろん、小学校の低学年を過ぎたからと言って、子供は子供、楽しいこともたくさんあると思いますが、それまでのようにべったり親と一緒にってことはきっとなくなっちゃうんですよね。

そういえば、昨日も別のママと遊びに行っていたんですが、そこのママの所には、上に小学生のお兄ちゃんがいます。そのお兄ちゃんは、去年の夏ぐらいまでは、うちの息子ともよく遊んでくれて、私もしょっちゅう公園で一緒に遊んでいました。

でもね、もう今では公園ぐらいでは、ママにはついてこないんです。昨日も「家にいる」といって着いてきていませんでした。まだこの春小学校2年生なんですけどね。

本当にちょっと前までは、幼稚園児とも一緒に鬼ごっこしたりかくれんぼしたりして遊んでいたのに、今ではその分お友達とたくさん遊んでいるようです。

何だかそれを聞いてとても寂しくなりました。もちろん、お友達をたくさん作って遊ぶようになるのは当然のことだし、とても良い事なのはわかっていますが、小学校2年生で、弟がいても、もうママと公園に行くことはあんまりないんだなあと・・・。(今はまだたまについてきて一緒に遊んでいますが。)

今、春休みで毎日のように2人の息子を連れて公園に行っている私。お友達も誘っているので、息子も本当に毎日楽しそうだし、私もママたちと話せて結構楽しく過ごしています。

大変、大変とはいっても、これから子供たちが大きくなった時に、あの頃が一番楽しかったなあと思い出すんだろうなあと思うと、何だか切なくなりました。

3人でいつも行っている公園、春になるとお花見、夏になると川遊びやお祭り、秋はどんぐりを拾ったり、冬は雪の中でも公園で遊んだり。夏の川遊びは炎天下で死にそうになったし、冬は雪の中寒すぎて死にそうになりながら自転車猛ダッシュで家まで帰ったり。

でもそんなこともあとほんの数年で出来なくなるんだろうなあと思うと、何だか今から寂しい気分になってしまいます。

2016年川遊び

川遊び中の長男と次男

今は毎日のように行っている公園にも、そのうち行くことさえなくなるだろうし、毎日3人で乗っていた自転車も、今年から自転車に乗れるようになった長男は、私の後ろに乗る機会も減ってきました。

まあ、私は産まれた時から10歳までだと思っていたので、今までも精一杯子供たちと関わってきました。それでもやっぱり寂しいですね~(^^;

今日3人でお風呂に入っている時に、ちょっと寂しくなって子供に「ねえ、大きくなってもママと遊んでね。今はママが遊んであげてるから、大きくなったら今度は○○がママと遊んでね」と言って見ました。

そうしたら長男が「じゃあ大きくなったら今度はママの頭洗ってあげるね。」「死んでもママのこと愛してる」と言ったのでびっくり。

実は「死んでも・・・」ってのは先日見たクレヨンしんちゃんの映画の中での、しんちゃんのパパのセリフです(笑)「死んでもみさえを愛してる!!」とかそんな感じのセリフだったんですが・・・。

何かね、ちょっと涙が出そうになりました。

長い子育て期間の中で、子供と密に関われる時間は本当に短い。私はこのことに気付けて本当に良かったと思っています。子供が大きくなってから「あの時もっと一緒にいろいろしておけば良かったなあ」と思わなくてすむように、子供と目一杯遊びたいと思っています。

今の1年が本当に貴重で、ってことはこの1カ月もこの1週間も、毎日毎日が本当に貴重なわけです。大事に過ごして行かないとなあと改めて実感しました。

まあ、どれだけ子供と目一杯遊んでも、毎日を大切にしても、それでもきっと、いつか子供が大きくなった時に、やっぱり昔を思い出して切なくなっちゃうんだろうけどな。

早く自分も子供が大きくなった後に打ち込める事を見つけないと・・・、子離れできるか本当に不安です(^^;

まあとりあえずあと5年ぐらいは、今の小さな子供たちとしか出来ないことを、毎日楽しんで過ごせたらと本当に思います。

 

-日々の子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

幼稚園でのママ友の作り方・・・簡単にママ友になれる人を探す方法

長男が幼稚園に通いだして2年。 高齢ママ(現在43歳)ということもあり、最初は多少の不安もあったけど、気づけばたくさんのママ友も出来、幼稚園後の公園遊びはもちろん、土日や長期のお休みでさえ仲良く付き合 …

天王寺動物園

ゴールデンウイーク、お金もかけず子供と3人で楽しく過ごせた5日間

2017年のゴールデンウィーク、旦那が不在でしたが、4歳と2歳の子供と3人で、節約しつつ、とても楽しく過ごせました(#^^#) 当初の予定とは少し変わりましたが、旦那がいなくても、遠出が出来なくても、 …

破棄できなかった凍結胚盤胞ー3年かかって私が出した答え

今日は不妊治療の病院へ3人目の凍結胚盤胞移植のスケジュールを決めに来ました。 結局前回の診察から2週間、ずっと迷っていました。 仲の良いママ友と話をして決めたつもりだったけど、やっぱり心のどこかで不安 …

高齢出産を後悔したことー38歳と40歳で出産した私の場合

38歳と40歳で不妊治療の末に2人の息子を授かった私。 実は今まであまり高齢出産という意識もなく、もちろん高齢出産を後悔したこともなく、この年で出産したこと自体、私の人生においては適齢期だったとさえ思 …

友達がいない子供に親の私が頑張った事とその結果➁-年中の時の長男

前回の記事の続きです。 参考記事 ⇒ 友達がいない子供に親の私が頑張った事とその結果①-年少の時の長男 年少さんで彼の問題に気づき、ママ友を増やしたりして頑張ったけど、年中さんになってまだまだ幼稚園で …