高齢出産のその後・・・アラフォーママの子育てブログ

38歳と40歳で高齢出産しました。高齢出産のその後の現実とは?厳しい現実なのか、楽しい子育てなのか・・・?(笑)

日々の子育て

ママ友は必要か必要でないか?ー高齢出産の私の場合

投稿日:

ネットを見ていると、よく「ママ友は面倒」とか、「ママ友は必要ない」なんて意見がたくさんありますが、私はそうは思いません。

私は38歳、40歳で子供を産んでいるので、当然高齢出産で、周りのママたちよりはいつも年上です。

そういえば、今まで仲良くなったママ友で、私より年上の人っていないかも・・・(^^;

それぐらい周りのママと比べると高齢です(苦笑)

近くても3つ下、離れていると10歳近く年下の仲良しのママもいます。

そんな私ですが、ママ友がいて本当に良かったなあと思っています。

ママ友がいて良かったと思う事

私がママ友がいて良かったと思うことはたくさんあります。

家族だけでは経験できないことを子供が経験できること

一番はこれかな。

うちは両親が遠方だし、わたしと旦那はそれぞれ3人兄弟だけど、結婚して子供がいるのはうちともう1人だけなので、うちの息子達にはいとこが1人しかいません。

私自身が高齢出産だったこともあり、仲の良い友達の子供は既に大きくなっているし、たまに同じく高齢出産した友達もいるけど、私も旦那も地元を離れているので近くにはいません。

だから、ママ友がいないと本当に家族だけになっちゃうんですよね。
しかも旦那もほとんど休みもなく、土日祝日だって私と3人になっちゃう。

でも自分が小さい時に、いとこと毎日のように遊んだり、誕生日やクリスマスは大勢でお祝いをしたり、夏休みには一緒に泊まったり、親の友達のところについていってそこの子供と遊んだり、そんなことがとても楽しかったのを覚えています。

だから今、うちの息子たちは、近くに身内やいとこはいないけど、毎日お友達と暗くなるまで遊んだり、一緒にお祭りに行ったり、川遊びをしたり、泥んこ遊びをしたり、家に遊びに行ってそこの兄弟たちとみんなで遊んだり、そんなことを毎日楽しんでいます。

私はそういうことって、子供が小さい時には本当に大事なことだと思っています。

参考記事 ⇒ 「子どもへのまなざし」から学ぶ幼児期の子供にとって本当に大切な事

幼稚園に行く前からママ友はいたし、お友達と公園で遊ぶこともあったけど、幼稚園に行きだしてママ友や息子の友達もどんどん増えて、去年1年で長男は本当に成長しました。

ちょっと人見知で内向的だったりした長男が、お友達もたくさん出来て、新しいお友達とも自然に仲良くなったり一緒に遊んだりしているところを見ると、本当に嬉しくなります。

休みの日とかに一緒に遊ぶことで、同年齢の子供だけじゃなくて、歳の違う兄弟と仲良く出来るようになったことも、ママ友には本当に感謝している事の1つです。

長男にとっては家には年下の弟しかいないし、次男にとっては年上のお兄ちゃんしかいない。でもみんなで遊ぶことで、長男は自分より大きなお兄ちゃんたちに遊んでもらったり、次男は自分より小さい子供に優しくすることを学んだり。

これからきっともっと仲良くなって、たまにお泊りにいったりとか出来ると楽しいんだろうなあなんて、自分のことのようにワクワクしたりします(笑)

ホント、ママ友には感謝しかありません(#^^#)

子供の相談が出来ること

やっぱり同年齢の子供を持つママたちは悩みも一緒。

自分が悩んでいた事でも、話してみるとみんな同じような悩みを持っていたりして、そんな悩む事じゃなかったなあと思うこともあるし、解決方法を教えてもらえることもあります。

うちのやんちゃな次男は、あまりのやんちゃぶりに、本当に自分の子育てがこれでいいのかどうか迷うことも多々あります。

でも、小さい時にやんちゃだった子が今はこんなだよ~なんて他のママ友から聞くとちょっと安心出来たり、自分が自信がない時に「でも、私は○○くん(次男)のこんな優しいところ知ってるよ~。やんちゃだけど優しい子だから私はいい子だと思うよ~(#^^#)」なんて言ってもらえて、すごく嬉しかったり。

そんなちょっとしたことなんだけど、私の中では本当に助かっています。

だからかな、私、ほとんど1人で育児してきたけど(旦那は激務、両親は遠方)、あまり子育てに行き詰まったり深刻に悩んだりしたことってないんですよね(#^^#)

休みの日にお友達と遊べること

旦那が現在激務で、ほとんどお休みがない我が家では、土日祝日長期休暇は、友達と遊ばないといつも3人で遊ぶことになってしまいます。

もちろん私自身はそんな時間もとても楽しいし、子供たちもそれはそれで楽しいようですが、さすがにゴールデンウィークや夏休みなんかの長期休暇には、ずっと3人だと遊びもマンネリ化しちゃうし、やっぱりちょっと寂しいですよね。

そんな時、ママ友と遊べるのは本当に助かっています。

今年の夏は、何人かでお祭りや川遊びに行こうね~と今から計画してるし、ゴールデンウィークもお友達とたくさん遊べて子供たちは大満足でした。

参考記事 ⇒ ゴールデンウィーク、お金もかけずに子供と3人で楽しく過ごせた5日間

自分の知らない息子の話が聞けること

赤ちゃんの時はママが知っていることが多分全てだったんだろうけど、成長するにつれて少しずつ私の知らない面も出てきます。

幼稚園での様子と家での様子が違ったり、お友達の前ではちょっと態度が違ったり、好きなお友達と嫌いなお友達が出来てきたり。

少しずつ手が離れて行って知らない部分が出来てくるのは当然だけど、まだまだ小さい息子達、いろいろ心配もあります。

今はまだないけど、例えばこれからいじめにあったり、逆にいじめる側になったり、なんてことも。

ママ友がいると、自分が知らない情報を知ることが出来るのはやっぱり助かります。

実は先日、ちょうど長男から幼稚園であるお友達がよくいじめられていると話を聞きました。

いじめているのは長男とすごく仲の良いお友達(Sくん)らしく、そういえば、私も先日Sくんがそのお友達をたたいているのを目撃したことがあったので、長男が言ってることもあながち嘘ではなさそうな感じ。

Sくんのママとは本当に仲良しだし、「悪いことしてたら叱ってくれていいよ」「気になることがあったら教えて」と言われているので、ちょっと話してみようかなと思っているところです。

もちろん、そいういう悪い所だけではなく、自分が見たその子のいいところも、その子のママに伝えるようにしています。

「○○くん、今日こんなことしてたよ~。すごいね~」とか、「うちの次男がおもちゃ取られたときに○○くんが助けてくれたんだよ、ありがとう。」とか。

子供が小さいうちは、いろいろ心配事もあるので、自分の子どもも友達の子供も、みんなで見守っていけたらいいなあなんて思っています(^^)

子育てをお互い助け合える

これはまだまだ友人関係が浅いから、今のところは本当にちょっとしたことだけど、ママ友とお互いがちょっとだけ子育てを助け合えてるなあと思っています。

例えば、下の子が産まれたお友達の幼稚園のお迎えをちょっと行ってあげたりとか、下の子が熱が合って公園に行けないから上の子だけ連れて行ってあげたりとか。

つい先日もうちの下の子の保育園のお迎えの間、公園で遊ぶ長男を見ていてもらったりとか。

特に産前産後とか、お互い助け合えるといいなあと思っています。

私が今3人目を考えているから、もし本当に妊娠して出産出来たら、実家も遠方だし、たまにママ友に何かお世話になることもあるだろうし、逆に仲の良いママ友がこれから妊娠出産したら、幼稚園のお迎えぐらいは毎日してもいいなあなんて思っています。

実際にはそんな気軽にお願いしたりされたりは出来ないかもしれないけど、もし何かあった時に急にお願い出来るママが何人かいるのは、実家が遠い私には本当に心強いです。

核家族が多い中、ママ同士でそうやって助け合えるのって本当に素敵ですよね(#^^#)

ママ友から親友になる友達が出来ること

これは今後の話ですが・・・。

ママ友の中には、時間をかけてゆっくり仲良くなって、いつか本当に自分の親友になれる友達も出てくると私は思っています。

実際、幼稚園のお友達でなく、長男が産まれた病院主催の集まりで友達になったママのうちの何人かは、住む場所が離れても、仕事を再開して時間が合わなくなっても、今でも仲良くしています。

もちろんまだ親友ではないけれど、もう4年以上の付き合いになります。

私、ママ友ってすごいと思ってるんです。

学生時代が終わって、こんなに簡単にお友達が増えることって、普通はないですよね。

ママ友特有の文化というかなんというか・・・(笑)

私のように地元から離れた人間にとって、これはすごいチャンスだなあと思っています。

だってもし子供がいなかったら、私の老後は地元も離れ、友達も遠くにいて、旦那と2人だけの寂しい老後になっていたかもしれないから(笑)
(下手したら旦那は死んでて独りぼっちかも・・・Σ( ̄ロ ̄lll))

でも、子供が出来て、近所にたくさんの顔見知りが出来て、そのうち何人かはもしかしたら子供の手が離れてからも仲良くできる関係とかになって、おばあちゃんになった時にお茶飲み友達になってたり、なんて考えるととても楽しくなってきます(#^^#)

まあほとんどが、子供が幼稚園とか小学校の間だけの友達になるかもしれないけど、その中から1人でも2人でも親友になれる子が出来たらいいなあと思っています!

ママ友がいることのデメリット

う~ん、今のところ私にはありません。

まあ一つには、あまり短期間に仲良くなり過ぎないように気を付けているからってのもあるかも。

↑で書いた話とは少し矛盾するかもしれないけど、ママ友は必要なものだとは思っているけど、急激に仲良くなろうとは思っていません。

少しずつ時間をかけて、話が合いそうなママ友とゆっくり仲良くなれたらなあと思っているので、連絡先を聞いてもガツガツは連絡しないし、すぐに家に人を呼んだりとか逆にママ友の家に行ったりもしません。(家が汚いのもあるけど・・・(^^;)

急に仲良くなってしまうと、実は考え方が合わなかったり、性格が合わなかったりってのに後から気づいて、面倒なことになっても困るからなあと思っているからです。

同じ理由で、1人のママとべったり一緒にということもしないようにしています。

それに人の悪口は言わず、いろんなママと仲良く話すように気を付けています。

ママ友は大事だし必要だとは思うけど、最初は広く浅くゆっくりと、少しずつ仲良くなれたらなあと思っているので。

おかげで今のところもめごともなく、穏やかに楽しく過ごせています。
その中から本当に気の合うママと少しずつ深く仲良くなっていっているという感じです。(現在進行形)

ママ友は必要かのまとめ

ママ友がいらないと言っている人を否定はしません。

多分、私のような状況の人には必要なんだと思います。

地元を離れていて、自分の友人も両親も身内も遠方、旦那は激務で休みほとんどなし、身近に頼る人も友達もいない。

そんな私には本当にママ友はいて良かったなあと思う存在です。

でも確かに、実家が近くにあって頼れる場所があり、子供のいとこや親戚もたくさんいて、地元にいるから自分の友人も近くにいて家族ぐるみの付き合いが出来たりしてたら、ママ友の必要性は薄いかも(笑)

私の場合は、その身内や友人の代わりを、ママ友がしてくれているんだなあと感謝しています(#^^#)

ということで、ママ友って絶対に必要なものではないけど、人によっては(状況によっては)本当に助かる場合も多々あるし、少なくとも私にとっては本当に必要でありがたい存在なんです!

 

-日々の子育て
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

高齢出産を後悔したことー38歳と40歳で出産した私の場合

38歳と40歳で不妊治療の末に2人の息子を授かった私。 実は今まであまり高齢出産という意識もなく、もちろん高齢出産を後悔したこともなく、この年で出産したこと自体、私の人生においては適齢期だったとさえ思 …

幼稚園でママ友トラブルを避けるために私が気を付けている事

長男が幼稚園に入る前、ママ友の世界って本当にトラブルがいろいろあるのかしら・・・なんて多少の不安があった私。 実際には良いママ友に恵まれて、今のところ大きなトラブルは起きていません。 周りに恵まれたの …

GWの過ごし方

ゴールデンウィークに私と子供2人、予算1万円で楽しむ方法を考えた

今年のゴールデンウィークは、何と旦那が出張でずっといません・・・(^^; もちろん幼稚園も一時保育もお休みで、5月3日(水)~5月7日(日)までの5日間、4歳と2歳の子供たちといったい何をして過ごそう …

2016年セミ捕り

子育てが一番楽しい時期ーちょっと切なくなった話

今日、長男のお友達と公園で遊んでいた時に、夏のお祭りの話になりました。 私が住んでいるところは、夏になると小さなお祭りがいろんな場所で頻繁に行われます。お祭り、というほど大きなものではなく、屋台がいく …

長男の性格と次男や末っ子の性格ー長男を見ていて切なくなった話

今日幼稚園のプール参観がありました。 先生がプールの真ん中に浮き輪やビート板を入れて、子供たちはプールの端っこで並んで立っていて、先生の号令で一斉に好きなおもちゃを取りに行く時に、何だか長男を見ていて …