高齢出産のその後・・・アラフォーママの子育てブログ

38歳と40歳で高齢出産しました。高齢出産のその後の現実とは?厳しい現実なのか、楽しい子育てなのか・・・?(笑)

日々の子育て

仲の良いママ友の3人目妊娠で気づいた自分の本心

投稿日:2017年12月1日 更新日:

先日幼稚園に長男を送りに行った時、仲の良いママ友とちょっと立ち話。

「昨日ちょっといろいろあって旦那と大喧嘩してさあ・・・。また今度ゆっくり話すわ・・・。」とのことだったので、「じゃあ今日家に遊びに行こうか?」と言って、その日の昼頃からそのママの家に次男も連れて遊びに行きました。

ちなみにそのママ、幼稚園でもかなり仲良しのママ友です。
年は確か7~8歳ぐらい下だったかな・・・(^^;)

年齢は随分離れているけど、幼稚園の帰りにはしょっちゅう公園で子供を一緒に遊ばせ、休みの日も予定が合えば連絡を取り合って公園に行き、来年は卒園旅行行きたいね~なんて話すぐらい、大好きなママ友なんです。

そして話を聞いたところ、何と何と!3人目を妊娠したとのこと。

まあその過程でいろいろ旦那ともめたようなんですが・・・。

それを聞いた瞬間、自分でもびっくりしたけど、私、ショックを受けたんです。

まあ要するにものすごく羨ましかったんだと思います(^^;)
自分でもそんな風に思うとは思ってもいませんでした。

もちろん、一人目の出産前の親友の妊娠の時とは比べ物にならないぐらい小さな感情だけど、久しぶりに親友の妊娠報告を思い出すような感じでした。

参考記事 ⇒ 不妊治療中一番辛かった友人の妊娠報告、でも6年後の今・・・

今までにもママ友の妊娠出産がなかったわけではありません。

去年から今年にかけて、2人目3人目ラッシュで、仲の良いママ友の中では4人目を出産した子も。

去年までは別にショックでもなんでもなかったんですよね。
それが今年ぐらいからかな。
特に3人目の妊娠とか出産の話を聞くと、胸の奥が何だかチクっとしていました。

自分が3人目を悩んで悩んで前に進めない事、進んでみても妊娠しない事、それを周りのママたちはあっさり妊娠出産していくことが、やっぱりちょっと羨ましかったんですよね。

あ~、やだやだ、2人も子供に恵まれているのに、まだそんなことを考えている自分が・・・(^^;)

ちなみに言うと、私は普段、あまり人の事をうらやんだりする性格ではありません。

うちより旦那がイクメンでも、子供が他の子に比べて出来ないことがあっても、うちより裕福そうでも、ママ友たちが夏休みとかに旅行に行っていても、土日のたびに家族で外食やレジャーに行っていても、両親が近くに住んでいて子育てを助けてもらっていても、そんなに人を羨ましいとかショックを受けるとか、思い悩むとかそんなことはありません。
(ちなみにうちは旦那が激務で両親は県外、休みの日は基本公園です(笑))

でもやっぱり過去の事を振り返ってみても、妊娠出産に関してだけはいや~な感情を持ってしまったりするんですよね・・・。

もちろん、そのママには心からのおめでとうを伝え、3人目の妊娠で不安になっている彼女になるべく力になることを伝えました。

それもまた本心です。

私はやっぱり彼女が好きだし、それ以降も3人目妊娠についての話を普通に聞いているし、困った時には上の子の面倒を見たり送り迎えをしたり、出来る限りの事を手伝おうと思っています。

でも、やっぱり自分も3人目が欲しいんだろうなあと気づいたのも確か。

まあそもそもそのママ比べること自体が間違ってるんですけどね。

私は40代前半。彼女はまだ30代半ば。
普通に今からでもあと1人2人妊娠出産しても普通ですもんね(^^;)

逆に言うと、自分がこの年齢で2人の子供に恵まれたこと自体奇跡的なんだろうなあと、ありがたいなあとも思っています。

それほど自分は高齢出だったんだと、今更ながらヒシヒシと実感(笑)

でも今回の件で1つ決めたことがあります。

あと1つ残っている凍結胚盤胞、ちょうど更新期限だったこともあり迷っていましたが、やっぱり最後まで移植することに決めました。

それは、自分がやらなかったことを今後も後悔したり、友人の妊娠にいちいちショックを受けたくないから。

ショックを受けるってことはやっぱり3人目が欲しいと思っている自分がいるってこと。

それに対して移植もせずに後から「あの時移植しておけばもしかして私も3人目が出来たかも」なんてグチグチ思いたくないもんね。

まあ移植しても一番最後の一番出来の悪い卵だから、きっと妊娠はしないだろうなあと思ってもいるんだけど、やるだけのことはやろうかなと。

はぁ・・・またお金がかかる・・・(^^;)
ほんと、あそこの病院高いからなあ・・・。

それにしても、何でこんなに3人目ラッシュなんだろう・・・。
幼稚園のクラスの3分の1が3人以上いるんですよね(妊娠中も含めて)

しかも今長男が年中だから、今後3人目が出来る人もたくさんいるはず。

う~ん、大阪のど真ん中あたりでそんなに田舎じゃないのに、3人以上子供がいる人って多いんですね。

さて、次が最後の卵。
どっちにしてもこれで私の長い不妊治療が終わります。

今さらながら3人目が欲しいと思っている自分が、ダメだった時にどう思うのかな。
不安だけど、まあなるようにしかならないもんね。

年末年始があるので、移植は多分1月になります。
頑張ってみます(#^^#)

 

-日々の子育て
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

友達がいない子供に親の私が頑張った事とその結果➀-年少の時の長男

うちの長男は、小さいころから少しお友達関係に心配がある子供でした。 私も旦那も、あまり人見知りをするタイプではなかったので、最初のころはそんな事を心配する子供になるとは思ってませんでした。 最初にふと …

天王寺動物園

ゴールデンウイーク、お金もかけず子供と3人で楽しく過ごせた5日間

2017年のゴールデンウィーク、旦那が不在でしたが、4歳と2歳の子供と3人で、節約しつつ、とても楽しく過ごせました(#^^#) 当初の予定とは少し変わりましたが、旦那がいなくても、遠出が出来なくても、 …

長男の性格と次男や末っ子の性格ー長男を見ていて切なくなった話

今日幼稚園のプール参観がありました。 先生がプールの真ん中に浮き輪やビート板を入れて、子供たちはプールの端っこで並んで立っていて、先生の号令で一斉に好きなおもちゃを取りに行く時に、何だか長男を見ていて …

2016年セミ捕り

子育てが一番楽しい時期ーちょっと切なくなった話

今日、長男のお友達と公園で遊んでいた時に、夏のお祭りの話になりました。 私が住んでいるところは、夏になると小さなお祭りがいろんな場所で頻繁に行われます。お祭り、というほど大きなものではなく、屋台がいく …

破棄できなかった凍結胚盤胞ー3年かかって私が出した答え

今日は不妊治療の病院へ3人目の凍結胚盤胞移植のスケジュールを決めに来ました。 結局前回の診察から2週間、ずっと迷っていました。 仲の良いママ友と話をして決めたつもりだったけど、やっぱり心のどこかで不安 …