高齢出産のその後・・・アラフォーママの子育てブログ

38歳と40歳で高齢出産しました。高齢出産のその後の現実とは?厳しい現実なのか、楽しい子育てなのか・・・?(笑)

レジャー

海遊館へ夏休みに子供(5歳と3歳)と一緒に行ってみて分かった事

投稿日:

この夏休み、プール以外でどこに行きたいか聞いてみたら、長男が「虫を見に行きたい」、次男が「魚を見に行きたい」と言ったので、長男用には伊丹の昆虫館、次男用には大阪の海遊館に遊びに行くことにしました。

で、ほぼほぼ母子家庭な我が家は、先日旦那抜きで海遊館に行ってきました!

海遊館のHP

海遊館

海遊館へのアクセス

まずアクセス方法。

母一人で小さな子供たち2人を連れて行くため、移動手段はどうするか悩みました。

我が家から行く場合、電車かバスで両方とも乗り換えあり。

落ち着きのない子供たちだし、歩く距離が長いのは大変なので、今回は歩く距離がなるべく短くなるようにバスにしてみました。

電車の駅だと最寄り駅が大阪港、そこから約600m(徒歩8分)。
バスだと天保山でそこから約250m(徒歩4分)で海遊館に着きます。

大した差ではないけど、バスの停留所が家のすぐ前にあるので、乗る時にもあまり歩かなくてもいいこと、帰りに寝てしまって抱っこで帰ってくる可能性があることなどを考えて、少しでも近い方を選択。

電車だと階段とかもあるけど、バスだと待ってるだけだしね。
その分バスの方が乗っている時間は長いんですが・・・(^^;

で、行きは結構スムーズに行けました。乗り換えも4分ほど待ったら来たし、お菓子を持って行っていたのでバスの中でもまあまあ静かに出来ました。

ちなみに、検索すると「天保山」が最寄り駅と出てきましたが、実際には1つ手前の「天保山ハーバービレッジ」で降りた方がいいです。

天保山マーケットプレイスの前を通っていけるので、バスを降りてすぐからちょっと楽しいです(#^^#)

海遊館のチケットは事前にネットで購入すべし!

海遊館は9時半からオープンで、9時40分ぐらいに着きました。

お盆明けに平日だったので、そんなに混んでないかなあなんて甘い期待を持って行ったのですが、まずはチケット売り場の行列を見て、既に来たことを少し後悔・・・(^^;

走り回るチビたちと、旦那もいないのにこの行列に並ぶのか・・・。

ネットでチケットを購入して行かなかったことを本当に後悔しました。

実は海遊館はネットでチケットが購入できます。定価ですが・・・。

定価なんでまあいいか、なんて思って買わなかったんだけど、あの行列に並ばなくて済むなら絶対に事前購入がおすすめ。

行列を見た瞬間、今からチケットをネット購入しようかと一瞬思いましたが、購入して1時間後からしか使えないので断念。

ちょうど後ろに並んでいる家族連れも同じような相談をしていました(笑)

小さい子供がいるし、予定が変更(当日の体調不良とか)になる可能性もあるからとチケットを事前購入しなかったんだけど、次回からは家を出る直前にでもネットで購入して行こうと思いました!

館内もあまりの人の多さに、魚よりも子供たちを探すのに必死

大きなカニ水槽

巨大なカニに夢中の子供たち

そして当然館内もものすごい人。

水槽の前には人が群がり、いったい何の水槽なのかも分からず。

毎回何とか人をかき分け、水槽の前に子供たちを押しやり、せめて子供にだけは魚を見せてやろうと必死な私(笑)

でも自分は魚を見るより、子供が迷子にならないように、子供から目を離さない事に必死・・・(^^;

正直前半は、なんで今日海遊館に来たんだろうと後悔の方が大きかったですね。

ただ、海遊館が久しぶり過ぎて忘れていたんですが、海遊館の水槽って、見れる場所が1つじゃないんですよね。

海遊館は上から展示を見ながらどんどん降りてくる構造になってますが、複数階をぶち抜いている大きな水槽も多いので、下に降りてくる間に何度も同じ水槽を目にすることになります。

例えばメインのジンベエザメやエイが泳いでいる巨大な水槽。

ジンベエザメの水槽

ジンベエザメの水槽はやっぱり迫力ありました!

これも最初にその水槽が見える階はかなり混雑してるけど、下の方に行けば行くほど人もまばらになるし、ゆっくり見えるんですよね。

すっかり忘れていたので、最初の混雑しているあたりから、結構頑張って子供たちに見せていたので、正直どっと疲れました。

その階でしか見れない水槽ももちろんあるんだろうけど、混雑しているあたりは潔くすっとばかしても、後からだけでも十分楽しめただろうなあと思いました(^^;

ちなみに子供の反応は、というと。

5歳の長男は水槽ごとに異なる魚を眺めて、それなりに楽しんでいましたが、3歳の子供は途中から早々に飽きてしまい、「早く触れるところ行こうよ~」とぐずぐず駄々をこねまくり・・・。

やっぱりどうもうちの子供たちは、見たり観察したりよりも、実際に触ったり捕まえたり、っていうのが楽しいようです(^^;

でも巨大なカニには次男もちょっと夢中で見入ってました(笑)

サメやエイに触れるところで子供たち大喜び

タッチプール

大きな水槽に小さなサメやエイが!近くに来たら触れます!

そして次男が心待ちにしていた、サメやエイに触れる体験水槽。

出口の手前にやっと出てきました!

大きな水槽があって、そこではサメやエイに触れるんです。
子供たちが群がってましたね(笑)

長男は最初から手を突っ込んで喜んで触っていましたが、あんなに楽しみにしていた次男は「怖い・・・」と最初は尻込み(^^;

小さなサメは最初から触れていたけど、大きなエイは普段知っている魚とは違うし、子供心に怖かったんだと思います。

それでも時間がたつうちに、少しずつ手を伸ばすようになり、最後の方には笑顔で何度も「触れた!」と叫んでいました(笑)

タッチプール

子供たちはみんな身を乗り出して触ってました(笑)

そして長男も次男も気が付いたら服がびしゃびしゃ。

海遊館に着替えなんかいるかな?と思いながら一応次男の着替えだけ一式持って行ってましたが、以外にも非常に役に立ちました!
(長男は少ししか濡れていなかったし、そもそも着替えを持って行ってなかったので帰るまで我慢してもらいました。)

昼食はどこも混雑

で、昼過ぎに海遊館から出て、天保山マーケットプレイスで昼食をとろうとしましたが、どこも大混雑・・・(泣)

天保山マーケットプレイスには、飲食店やフードコートもあるんですが、どこもいっぱいでした。

大人が2人いれば何とかなったかもしれませんが、子供を2人連れて空いてるお店や席を探し回るのも大変なので、途中で断念。

帰ってからご飯を食べることにして、とりあえずアイスでも食べて帰ろうとなだめ、サーティーワンのアイスを3人で食べました。

その後天保山マーケットプレイス側のバス停(天保山ハーバービレッジ)に向かう途中にコンビニを発見。

結局そこでお寿司を買って、バスの中で食べながら帰りました。

食べて終わったら案の定寝てしまった次男を担いで帰るのは、想定内とはいえやはり大変でした・・・(^^;

小さい子連れで海遊館に行ってみて思った事

子供と一緒に海遊館に行ったのは初めてでしたが、総合的にはまあまあかなという感じ。

これは我が家では、という意味ですが、結局子供の心に残ったのは最後のサメやエイに触れるタッチプールがほとんど。

長男はどれも楽しかったようですが、特に次男は触れるところだけが楽しかったようです(^^;

やっぱり眺めて楽しむには、3歳の子供にはちょっと早かったのかな。

まあ子供の性格にもよると思いますが、我が家は多分魚は見るより捕まえる方が楽しいようで(魚に限らず昆虫とかでも)、川遊びや海で海水浴、山で昆虫捕りなど、体を動かして遊べる方がどうも向いているようです。

私自身は久しぶりに水族館に行って、大きなジンベエザメやエイが悠々と泳ぐ姿を見て、結構楽しかったですけどね(#^^#)

まあでも次に海遊館に行くことがあれば、チケットは必ずネットで事前購入して行きます!

次男の昼寝がなくなれば、1日遊べるようになるので、天保山マーケットプレイスのアニパ(動物と触れ合えるところ)やレゴランドを併用すれば1日楽しめると思います(#^^#)

 

 

-レジャー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした