高齢出産のその後・・・アラフォーママの子育てブログ

38歳と40歳で高齢出産しました。高齢出産のその後の現実とは?厳しい現実なのか、楽しい子育てなのか・・・?(笑)

不妊治療

大阪のIVFなんばクリニックはこんな病院ー無事卒業して思うこと

投稿日:

私が36歳から通った大阪のIVFなんばクリニック。

不妊治療の超有名病院だったことは後から知りました。

名前にもなっている「IVF」の意味も知らず、ちょっとネットで調べて有名そうだったことから通いだしましたが、無事に2人の子供を妊娠させていただき、IVFなんばクリニックに対しては本当に感謝しています。

が!通う前に知っておけば良かった・・・と思うところもあったので、これから通う人の為にまとめておきます。

IVFなんばクリニックの料金は評判通り超高かった・・・

不妊治療の料金については、一般的な知識しか持っていませんでしたが、IVFなんばの料金は想像をはるかに超える金額でした・・・(^^;)

一般的に、体外受精は30万~50万円、顕微授精でもプラス10万と書かれていることが多いですが、IVFなんばはそんなもんではありませんでした。

私は最初の治療である顕微授精で80万近くかかりました!

まあ私の場合、顕微授精だったし、採れた卵も数が結構あったし、受精卵を凍結もしたし、最初が2段階移植だったしで、オプション的にはほとんどがついている状態だったこともありますが。(これが体外受精で、卵もあまり採れなくて、凍結する卵もなく、1つだけの移植であれば、結構価格は下がると思います。)

料金は後から分かるので(当日の状況で体外受精 → 顕微授精に変更になったり、受精卵の数によって凍結するかどうかも変わってくるので)、料金を知った時には倒れそうでしたね。

結局、私の場合は顕微授精を2回、移植を4回、それと最初の検査で220万ほどかかりました。つまり1人目を授かるまでに220万円かかったわけです(^^;)

まあそれでもね、授かったから別にいいんですが、実際不妊治療をしている最中は、移植をしても出来ない落ち込みプラス、お金の心配で、本当に不安で不安で仕方がなかったです。何しろカードの請求が1カ月で100万近く来る月もありましたからね。

ただ、2人目は、凍結胚を使って1度の移植で妊娠できたので、15万円程度だったと思います。(3年ほど前の事なので参考程度にして下さい。)

採卵がかなり高いので、正直2人目は、凍結胚がなくなった時点で諦めたか転院していたかもしれません。

あ、あと最初の検査も高かったです。確か10万近くかかりました。この時も請求書を見て目が点でしたね。

ただ、これについては、次に書いていますが、後々考えると良かったかもしれません。

 

IVFなんばクリニックの不妊治療について

私は結局IVFなんばしか通っていないので、他との比較はできませんが、当時本当にたくさんの不妊治療をしている人の口コミやブログを見て感じたことですが、IVFなんばの治療は非常にスムーズだったと思います。

最初の検査が徹底している

先ほど最初の検査に10万円近くかかったと書きましたが、これは女性側も男性側も含めての検査です。とにかくいろいろ検査をしました。

その結果に基づいて治療方針が立てられるので無駄がないように感じました。

例えば口コミでは、旦那の検査が終わっていないのにタイミングの指導をされたり、卵管造影の検査をしていないのに人工授精をしていたり。

精子の状態によってはタイミングをしても無駄な場合もあるし、卵管が両方閉鎖していれば人工授精をしても妊娠は出来ません。なのに検査をせずに治療を進めているところって結構あるんです。

実際私の友人も、「痛いって聞いたから卵管造影の検査はしなかった」という友人もいました。結局彼女の不妊原因は分かりませんでしたが、タイミングや人工授精を経て、最終的に体外受精で子供を授かりました。

また他の友人も、旦那の検査をする前に、自分だけで治療を進めていて、ホルモン治療やタイミングの指導をしてもらっていました。彼女のところは、後日旦那の検査をして、結局何も問題はなかったんですが。

IVFなんばでは、最初の検査結果を見て治療方針を立てるので、我が家の場合は最初から早めのステップアップを提案されていました。最初は気持ちがついていきませんでしたが、結果的には良かったなあと思います。

もちろん、体外受精を勧められても、何回かタイミングや人工授精を試すことも出来ます。私の場合も自分の意思で人工授精を数回お願いしました。(まあ結果的には人工授精は出来なかったんですが。)

いろいろ方法を変えて試してくれる

また、もう一ついろんな口コミを見て気づいたことがあります。

病院によっては、結果が出なくても何度も同じ治療を繰り返すこともあるようです。例えば採卵で卵が採れなくても同じ刺激方法を繰り返したり、着床できなくても同じ方法で移植したり。

IVFなんばでは、結果が出なければいろんな方法を試してくれます。少なくとも私の時にはそうでした。

2回採卵をしましたが、1回目はロング法、2回目はアンタゴ。1回目にちゃんと卵が採れていたにも関わらず、妊娠しなかったので方法を変えてみたようです。

また移植についても、凍結胚の凍結3日目胚移植(1個)→ 凍結胚盤胞移植(1個)→ 凍結2日目胚移植(2個)→ 新鮮2段階移植(3日目と胚盤胞の2個)と4回の移植は毎回方法が違っていました。

おかげで毎回希望を持って治療に臨むことが出来ました。

担当制ではないけど、誰に当たっても安心して任せられる感じ

ちなみに、IVFなんばでは、先生は担当制ではないので、私も何人もの先生に診てもらいもらいましたが、情報はかなりちゃんと引き継がれている印象で、先生が変わっても不安になることはなかったです。

ただし、もちろん人間なので合う合わないはあり、質問しにくい先生ってのはいましたね。

担当制ではありませんが、日によって先生が決まっているので、自分で予約する日を希望の先生がいる日にすることは出来ます。私も慣れてきたら、自分が話しやすい先生を見つけて、その先生の日に予約をなるべく入れるようにしていました。

採卵や移植の日は、体の状態によって決まるのでこちらで日にちは決められませんが、次の治療方針を決める日は、質問しやすく話しやすい先生を選んでいましたね(笑)

あと、全般的にそんなフレンドリーな感じではなかったです。悪く言えば機械的?みたいな。最初は私も慣れませんでしたが、そのうちに慣れてましたね。まあこの辺りは好き嫌いが分かれるところかもしれません。

IVFなんばクリニックの施設

施設については、高いだけあってゴージャスです(笑)

始めてIVFなんばに行った時のことを今でも覚えています。「ここホテルのフロント?」って思いました。長くてきれいな受付がドーンとあるんですが、ほんとに長いんです!

それにソファはふかふか。座り心地抜群です。雑誌も最新の雑誌が揃っていて、長時間の待ち時間もあまり苦痛ではありませんでした。(本当に長時間です。半日がかりとか普通でした。)

施設内には無料で飲み物が飲めるカフェもあります。不妊治療自体はストレスでしたが、通院自体は毎回お茶飲みながら雑誌見に行こうという気分で行っていたので、苦痛だと思うことはありませんでした。

また2人目で通った時にもキッズルームがあり、本当に助かりました。子供を連れて行くことが出来て、これも負担なく通うことが出来ました。(他の通院する人には見えない場所にあり、出入り口も別になっている。)

 

まとめ

自分が妊娠できたからというのもありますが、結論としてはおすすめです。

特に本当に時間がない人、焦っている人、他では出来なかったけどどうしても子供が欲しい人は、一度行って見る価値はあると思います。

ただ、正直本当に高いので、私自身もIVFなんばでの採卵は2回が限度だったかもしれません。実際転院を考えてもいたので。もちろん私の場合は、そもそも顕微授精だしかなり高い例だと思いますが、IVFなんばに通う以上はお金の覚悟はしておいた方がいいかもしれません。

通いだした後で目にしたんですが、誰かがネットに「IVFなんばは不妊治療で日本で2番目に高い病院」と書かれていて、心臓が飛び出そうになりました(笑)行く前に目にしていたら、もしかした違う病院にしたかも・・・。

まだ若い人や、お金にあまり余裕がない人は、まずは他の病院からでもいいかもしれません。他にも良い病院はたくさんありますので。(ちなみに私は、お金に余裕がありませんでしたが、100万円親に援助してもらいました(^^;))

でも通っている時にはIVFなんばの良さが実感できませんでしたが、いろんな口コミを調べている時にIVFなんばの良さを実感することが多かったです。

私はIVFなんばと先生たちに本当に感謝しています。

 

 

-不妊治療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

不妊治療の費用の現実ー私が1人目を授かるまでにかかった総額

不妊治療で2人の子供を授かった私ですが、不妊治療には本当にお金がかかりました。 不妊治療が辛かった事の1つが高すぎる治療費のことでしたね。カードで払っていたのですが、本当に請求書が恐ろしかったのを覚え …

40代からの不妊治療ー人工授精か体外受精か?

先日、同級生(今年43歳)と少し年上の先輩(今年46歳?)と会う機会があり、不妊治療について話をしました。 もちろん2人とも私が不妊治療(顕微授精)で2人を授かったことも知っていて、今3人目の治療で悩 …

あの時の卵たちの現在

不妊治療の流れー私が不妊治療開始から妊娠に至るまで

私の場合の不妊治療から妊娠するまでの治療の経過をまとめておきます。 先日、ふと当時の資料を見つけて見てみると、移植した受精卵の写真があり、何だかとても不思議な気分になりました。これが今目の前にいる子供 …

45歳で不妊治療をやめた先輩の話

ゴールデンウィークの今日、昔の職場の先輩と私と私の息子達で天王寺動物園に行ってきました。 もともとはランチのお誘いがあったんだけど、子連れでもいいよ~とは言ってくれたけど、さすがに4歳と2歳のやんちゃ …

不妊治療は何年かかる?私が1年4ヶ月で妊娠できた理由

私が不妊治療を始めたのは36歳になってすぐでした。 実は不妊治療をすればすぐに子供が出来ると思っていた私。実際には不妊治療を始めて1年4ヶ月かかりました。それでも、不妊治療にかかる平均年数に比べるとか …