高齢出産のその後・・・アラフォーママの子育てブログ

38歳と40歳で高齢出産しました。高齢出産のその後の現実とは?厳しい現実なのか、楽しい子育てなのか・・・?(笑)

不妊治療

IVFなんばの体外受精(顕微授精)料金が大幅アップしたらしい

投稿日:

先日、体外受精のスケジュールを組みにIVFなんばに行った時に、帰る時に料金の説明をされました。

参考記事 ⇒ 破棄できなかった凍結胚盤胞ー3年かかって私が出した答え

どうも私が以前通ってた時から値段が変わったようです。

私が最後に体外受精をしたのは2013年でしたが、昨年(2016年)から料金が改定されたとか。

もしかして安くなったの?なんて淡い期待を抱いていましたが、見事に価格大幅値上がりしていました・・・(^^;

凍結胚盤胞移植の費用

今回の凍結胚盤胞移植の価格

凍結胚移植の料金もアップ

今回私は凍結胚盤胞を移植するんですが、移植だけの場合はそんなに料金は変わっていないそうです。(上の写真)

もともと移植の料金は(私の場合)150,000円程度だったんですが、明細を見ると「胚移植」の部分が50,000円から80,000円に値上がり。

トータルでは180,000円ぐらいになりそうです。
(上の写真の価格に、孵化補助術30,000円をプラス)

あまり変わらないと言われましたが、痛い出費です・・・(^^;
何しろ1回ならいいけど、最高3回移植するわけですからね。(凍結胚盤胞3つ残ってるので)

昔(1人目妊娠時ぐらいの時だったかな)は、助成金150,000円だったんですけどね、今では凍結胚の移植だけなら半額の75000円になってますしね。

治療費は上がってるのに助成金は下がるってどういうこと!?って感じです(^^;

まあそもそもその前に43歳以降の治療に関しては助成金はゼロ!
私今42歳なんで、ギリギリなんです。

多分3回移植したとしても、途中で43歳になるので、最初の1回しか助成金ももらえない感じです。

自然周期の体外受精の料金が大幅アップ

体外受精(顕微授精)の費用一覧

体外受精(顕微授精)の費用一覧です

移植に関しては30,000円程度のアップということでしたが、実は大きく変わったのは採卵の料金。

さらに採卵の中でも自然周期の体外受精(顕微授精も)の費用が大幅にアップしたようです・・・(^^;

以前は刺激周期はいくら、自然周期はいくら、という感じでトータル金額が決まっていて、トータル金額に入っていなかったオプション(当日顕微に変更とか、2段階移植とか)分は追加で払うという感じでした。

ところが昨年からは、刺激周期だろうが自然周期だろうが、採卵が一律150,000円と決まったそうです。

150,000円だったら安い、と思うでしょう。
でも実はこの150,000円は本当に採卵だけの費用なので、これに精子処理や卵子処理、胚培養に移植費用、なんだかんだで、結局めちゃめちゃ高くなるんです・・・。

自然周期と刺激周期では、薬の量は違うし、刺激周期でたくさん卵が採れたらそれを凍結するお金がかかったりするので、もちろん自然周期と刺激周期のお金が全く同じなわけではないけど、基本料金が同じとなってしまったことで、全体的に自然周期の価格がかなりアップしたようです。

説明するスタッフの方も何だか申し訳なさそうでした・・・。

ちなみに、以前の価格表も持っていたので比べてみましたが、1つ1つの項目もやっぱり少しずつ値上げされてますね。

例えば、以前は刺激周期でたくさん採れた卵は、いくつでも50,000円ぐらいで凍結保存出来たんですが、新しい価格表では、50,000円で凍結出来るのは2個だけ、後は1個あたり5000円ずつかかるとか・・・。

顕微授精の料金も、以前は9個以下と10個以上で料金が違っていたけど、今は10個以下、11個~20個、21個以上で料金がアップしていったり。

スタッフの方は、刺激周期は前とそんなに変わらないと言われていましたが、多分刺激周期も上がってると思います・・・(^^;

結局IVFなんばで体外受精→移植したらいくらかかるのか

体外受精の費用

体外受精費用のモデルケース

モデルケースでは体外受精の採卵→移植で519,840円となっています。

自然周期の場合は注射代がほとんどかからないはず(やったことないから推測だけど)なので、これよりは多少は安くなるけど、それでも自然周期にしてはかなり高いと思います。

じゃあ刺激周期の場合はこの519,840万円で済むのかと言えば、絶対にすみません。
(人によっては稀にすむひともいるのかも。)

例えば私の場合、当日体外受精から顕微授精になったし、卵がたくさん採れたし、胚盤胞にまで育ってるし、移植の時も孵化補助術とかしたし、2段階移植とかもしたし・・・。

これらすべてがオプションなので追加料金がかかってきます。

以前の(安い)料金体系の時ですら、確か最初の顕微授精 → 凍結 → 凍結胚盤胞移植 という1回の移植までで80万以上かかりました・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

参考記事 ⇒ 不妊治療の費用の現実ー私が1人目を授かるまでにかかった総額

多分いまやったらもっとかかるのかも・・・。

で、正直に言うと、もし今の私の現状で、どうしてもどうしても3人目が欲しくなり、採卵からする必要が出てきても、IVFなんばでは多分やりません(^^;

今の私たちには払える金額ではないので。

当時はなぜかお金を持っていたのと(その後家を買った)、親にも援助してもらったので何とかなりましたが、今はお金もないし、とてもじゃないけど無理ですね。

採卵からする気は全くないんだけど(移植が終わったら私の不妊治療は終了)、もしも万が一にも、どうしてもどうしても採卵したくなっても、他の安くて評判の良い病院を探すだろうなあ・・・。

もちろん2人を授けてくれたIVFなんばには本当に感謝してるし、技術力が高いってことも良く分かってるけど。

以前から高かったけど、さらに価格アップなんて・・・。さすがに高すぎる・・・(´;ω;`)

と、正直思いました(^^;

 

 

-不妊治療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

子宮内膜を厚くする薬、フィルグラスチム(G-CSF)を使ってみた

今日2度目の凍結胚盤胞移植をしてきました。 前回は移植キャンセルになってしまいましたが、やはり今回もスムーズにはいきませんでした。 参考記事 ⇒ 3人目の凍結胚移植、内膜が厚くならずキャンセル後の43 …

高齢出産後の子育で一番大切な事ー叔父の突然死で思う事

少し落ち込んでいることがあります。 というか、考えさせられた?というか心が重い?というか・・・。 目次1 60代での叔父の死2 高齢出産された子供側の意見3 健康の為に出来る一番手軽で簡単な事 60代 …

3人目不妊の諦め方・・・私はこれでとても前向きになれました

ずっと迷いながら3人目の不妊治療を続けていた私。 1月末ぐらいに3人目の移植予定でしたが、訳あってこれも移植キャンセル。(これはまた別記事に・・・) でも実は少し心境が変わってきています。 それもとて …

BT6のクリアブルー

43歳、3度目の凍結胚盤胞移植でまさかの3人目妊娠判定!

いろいろあり、ずっと更新していませんでしたが・・・。 決して治療で効果が出なくて落ち込んで・・・とかではありません(笑) いろいろと忙しすぎて、ブログもやめようかなあなんて思っていたこともあり、更新し …

大阪のIVFなんばクリニックはこんな病院ー無事卒業して思うこと

私が36歳から通った大阪のIVFなんばクリニック。 不妊治療の超有名病院だったことは後から知りました。 名前にもなっている「IVF」の意味も知らず、ちょっとネットで調べて有名そうだったことから通いだし …