高齢出産のその後・・・アラフォーママの子育てブログ

38歳と40歳で高齢出産しました。高齢出産のその後の現実とは?厳しい現実なのか、楽しい子育てなのか・・・?(笑)

不妊治療

不妊治療の流れー私が不妊治療開始から妊娠に至るまで

投稿日:

あの時の卵たちの現在私の場合の不妊治療から妊娠するまでの治療の経過をまとめておきます。

先日、ふと当時の資料を見つけて見てみると、移植した受精卵の写真があり、何だかとても不思議な気分になりました。これが今目の前にいる子供たちなんだなあと。(ちなみに上の写真は去年の子供たちです。)

不妊治療は辛い時間ではあったけど、その時間があったからこそ、今、目の前に子供たちがいるんだなあと思うと、写真も含めて残しておこうと思い、当時を振り返りながらまとめてみました。

関連記事 ⇒ 不妊治療は何年かかる?私が1年4カ月で妊娠できた理由

不妊治療開始ー36歳

不妊治療を開始したのは36歳になってすぐでした。

当時、大阪に出てきて間がなかったこともあり、病院は口コミで簡単に調べ、目についたIVFなんばに旦那と2人で行きました。

関連記事 ⇒ 大阪のIVFなんばクリニックはこんな病院ー無事卒業して思うこと

もう6年ほど前のことなので、当時先生とどんな話をしたのかはほとんど覚えていませんが、病院がホテルのようにきれいだったことが、ものすごくびっくりして印象に残っています。

それと、「35歳を過ぎると妊娠できる確率はいきなり下がるんですよ」という先生の言葉。

何となくまだ軽い気持ちだった私は、いろんなデータを見せられて、自分が結構がけっぷちにいることを初めて実感(笑)すぐに2人で検査をすることにしました。

不妊検査<初診すぐ~2か月間ぐらい>36歳

最初にIVFなんばを訪れてすぐに検査をしました。

検査は生理中の検査もあるので1日で終わるわけではなく、結局初診から1か月半~2か月ぐらいはかかったのかな。詳しくは覚えていませんが、当時の記録からはそんな感じ。

IVFなんばは、技術も高いけど費用も高いことで有名で、2人の検査だけで10万近くかかり、ものすごくびっくりしたのを覚えています。

だけど、今思えば、最初に2人で徹底的に検査をすることで、その後の治療に無駄がなく、スムーズに行うことが出来たと思うので、不妊治療にとって最初の検査は本当に大事だと思います。

口コミでも、治療途中で旦那の精液検査をしていることが結構ありますが、旦那にかなりの問題があったら治療方針も当然変わってくるし、それまでの治療が無駄になる可能性だってあるので、最初の検査は夫婦で行うべきだなあと思います。

実際うちの場合は、私にも旦那にも問題が見つかりました。

私は卵管が片方閉塞していて、旦那は精子の濃度や運動率にも結構な問題がありました・・・。

まあうちの場合、問題は旦那側だろうと勝手に思っていたので、私にも見つかったことでびっくり(笑)逆に旦那は、「精子がない!」とか言われたらどうしようと思っていたらしく、かなり悪い検査結果でも、「これでも子供出来るんだ・・・」となぜかほっとしていました・・・(^^;

というのも旦那は成人してから何度も高熱を出して入院したことがあり、本人は自分は妊娠できないかもと思っていたからです。

妊娠できる、とはいっても、先生からは「自然妊娠は難しいかな、人工授精も、う~ん、どうかなあ」とかそんな感じでした。つまりうちは最初からほぼ体外受精推奨!ぐらいな感じだったわけです。

人工授精にチャレンジ<開始から3カ月後~5カ月後>36歳

でも、さすがにいきなり体外受精は、費用的にも精神的にも決心がつかず、ダメ元で人工授精をお願いしました。

ただし、私の卵管が片方詰まっているので、詰まっていない方の卵管から排卵された時しか人工授精で妊娠する可能性はありません。

まあでも確率的には2回に1回はチャレンジできるだろうと思い、まずは人工授精をすることにしました。

ところが、1ヶ月目、2ヶ月目、3ヶ月目も、毎回詰まっている側からの排卵で、人工授精にチャレンジすることさえ出来ませんでした。これはショックでしたね・・・。チャレンジさえ出来ないなんて。

とりあえず1回ぐらいは人工授精をしてみたい気持ちはありましたが、せっかちな私は、こんなことがあと何か月も続くのは耐えられない!もしかしたらあと3か月ぐらいは詰まっている側からの排卵かもしれない、しかも例え人工授精にチャレンジできても、どっちにしても旦那側の精子にも問題多々ありで、妊娠できる可能性は低い・・・。

そう考えた私は、人工授精に見切りをつけて、体外受精に進む事にしました。

ロング法での顕微受精<開始から半年後>36歳

最初の体外受精の刺激法はロング法でした。当時はほとんど意味も分かっていなかったので、もう先生にお任せです。(まあ今もあまり分かっていませんが・・・。)

で、最初は旦那の精子の状態から体外受精で大丈夫だろうとのことだったのですが、当日の精子の状態があまりよくなくて、急きょ顕微授精に変更。

私の不妊治療のデビューは、超高額な顕微授精からとなりました(泣)

その時に採卵出来たのは22個。受精したのは12個。そのうち半分を胚盤胞まで培養し1つが6日目に胚盤胞になりました。グレードはBL4、それを次回移植することに。

 

1回目の採卵で出来た受精卵の移植

受精卵が無事出来たので、次は移植です。

最初は採卵のあと、その周期に移植予定でしたが、卵がたくさん出来たこともありOHSS気味になり、いったん凍結して1周期あけての移植となりました。

1度目の移植は当日キャンセル<開始から8か月後>

最初の移植は、1つだけ育っていた胚盤胞を移植する予定でした。

ところがここでまたまたショックな出来事が・・・。何と融解した胚盤胞が変性してしまったのです・・・。

この時はショックでしたね。IVFなんばでは、採卵や移植をする時には待合室から通常とは違う場所になります。採卵の時はその待合室だったのに、移植時にはなぜか違う場所に呼ばれました。嫌な予感がしていると、何と移植中止。

人工授精も結局1度も出来なかった私は、またもや移植も当日キャンセルとなり、妊娠するかしないかの土俵にさえ上がることが出来なかったのです。

正直、トラウマになりそうでした。私は治療自体が出来るんだろうかと。もしかして私の卵は質が悪くて次回も同じことになるんじゃないかと。本当に次の移植が不安でした。

1度目の移植<初診後9か月>36歳

翌月改めて移植をすることに。

この時は、凍結していた受精卵を融解して、胚盤胞まで育てて移植するか、分割胚で移植するか迷ったような覚えがあります。でも私はとにかくまず移植をしたかった。胚盤胞まで育てたら移植がまた出来なくなるかもしれない。

最初の6個は1個しか胚盤胞にならなかったから、残っている6個でゼロの可能性もある、そう思い、6個凍結してある受精卵うちの3つを融解し、1つを分割胚で移植、残りを胚盤胞まで育てることに。

結果、2つ育てた前核期胚は何と2つとも胚盤胞まで育ってくれました。グレードはBL3とBL5。移植したのは3日目の8分割の胚、G3bというグレードでした。

で、結局移植後の結果は陰性。かすりもしませんでした。まあ3日目の胚だし、1度目の移植だし、とりあえず移植までは勧めたし、胚盤胞も2つ残ってるし、まだこの時点ではあまりショックではなかった覚えがあります。

2度目の移植<初診後11か月>36歳

2度目の移植は、5日目胚盤胞を1つ移植。グレードはBL-3のものでした。

何度も続けては移植できないので、前回の移植からは1周期空けていました。不妊治療ってこういうのがもどかしいんですよね。治療のチャンスは1カ月に1回なのに、毎月できるわけでもない・・・。治療の進まない1カ月は、気持ちが焦るばかりで辛かったですね。

当日は、1度目に融解して変性してしまったのも胚盤胞だったため、移植できるかどうかドキドキでしたが、無事融解できて、移植も出来ました。

この時は2度目だし、初めての胚盤胞移植だったので、かなり期待していたと思います。

でも結果は陰性・・・。HCGの値は前回に比べて少しはあったので、かするぐらいはかすっていたのかもしれません。着床はしかけたのかな。

この時ぐらいから不妊治療が辛くなっていったような気がしますね。顕微授精まですれば、すんなり授かると思っていたのに、先が見えなくなってきた気がして。

2度目の移植は、あと数日で37歳という時でした。

3度目の移植は当日キャンセル<開始から1年>37歳

翌月、続けて凍結していた胚盤胞を1つ移植することに。グレードは分かりませんが6日目胚盤胞でした。

ところがこれまた融解後に変性・・・。当日の移植キャンセルとなりました。これまた大ショックです。結局3つの貴重な胚盤胞のうち、2つが融解後に変性。私の卵は質でも悪いのだろうかと思っていました。

この時点で残っているのは受精卵が3つのみでした。

3度目の移植<開始から1年2カ月>37歳

もうあと3つしか残っていない凍結胚。結局3度目の移植は、3つのうち2つの分割胚を2個移植することになりました。3つのうち1つは、またもや融解後に変性してしまいました。

グレードは両方ともG3bの4分割。

当時はグレードの口コミとか読みまくってましたね(笑)奇跡的に双子が出来ることを妄想してみたり・・・(^^;

で、これまた陰性。しかもかすりもせず。この時はさすがに落ち込みました。次はまた採卵からとなるわけですから。費用もここまでに既に100万を超えていたし、採卵で22個も卵が採れたのに、結局移植は3回しか出来ず、1回の採卵でこれだけ卵があれば妊娠できるだろうと思っていたのに、もう先が見えなくなっていました。

1度目の顕微授精の結果のまとめ<開始半年から8カ月間>

採卵で22個の卵が採れて、12個が受精。

8個を胚盤胞まで育てて、そのうち3個が胚盤胞。ただし3個のうち2個は融解後変性して当日移植キャンセル。残り4つのうち1つが融解後変性、3つが分割胚に育ち、1つが3日目8分割で移植、残り2つが2日目4分割で2個同時に移植でした。

結局22個も卵が採れたのに、移植は3日目胚移植 ⇒ 胚盤胞移植 ⇒ 2日目胚2個移植という結果でした。

関連記事 ⇒ 胚盤胞移植か分割胚移植か?1度目の顕微授精で私が後悔した事

2度目アンタゴニスト法での顕微授精<開始から1年4カ月>37歳

1度目の移植が全滅し、落ち込んでいましたが、そうも言っていられないと自分を励ましつつ、ここで気分を変えて、やれることは全てやろうと決意。前回移植から採卵まではあまり日にちがありませんでしたが、自分なりにいろいろ努力して、次の採卵をすることに。

参考記事 ⇒ 妊娠するためにしたことー不妊治療で失敗続きだった私が頑張った事

1度目にOHSSになりかけたので、今度はアンタゴニスト法にチャレンジすることになりました。

結果採れた卵が19個。そのうち受精卵が13個。2段階移植予定だったので、1つを残して他は胚盤胞に育てて、胚盤胞が5つ出来ました。

1度目よりはいい感じでした(#^^#)

4度目の移植<開始から1年4カ月>37歳

4度目の移植

左が3日目8分割胚、右が5日目胚盤胞BL4

やはりOHSS気味でしたが、今回は何とか移植OKとのことで、採卵周期に移植しました。

3日目G3aの8分割の胚と、BL4の5日目胚盤胞でした。分割胚も胚盤胞も今まで移植したものの中で一番グレードが良いものでした。

そしてこれが、無事に着床し、私は1人目の子供を授かることが出来たのです!

ちなみにこの時は、妊娠するとOHSSが悪化するという口コミを読んでいたので、判定前に「今回はきっと妊娠してる!」と確信していました。何しろOHSSでものすごくお腹がパンパンになって苦しい状態だったので。

で、あまりの苦しさに、結局病院に電話して、妊娠判定の日の1週間も前に受診。その時点で座って待つことも出来ないぐらい苦しくて、ベッドで寝たまま待たせてもらいました。

そして診察で「おめでとうございます!」との声が。嬉しかったですね。

ただし、OHSSがひどい状態でそのまま即日入院・・・。結局1カ月近くそのまま入院していました(^^;

5度目の移植<開始から3年後>39歳

5度目の移植

5日目胚盤胞BL5BA

その後、38歳で無事に長男を妊娠出産し、その1年後、長男がちょうど1歳ぐらいから2人目の不妊治療を開始。私が39歳になったばかりの頃でした。

1度目に4度の移植で授かった事から、今回も時間がかかるだろうと早めに始めた治療でしたが、何と1度目の移植で妊娠!

長男を授かった時に凍結していた5日目胚盤胞のグレードBL5での妊娠でした。ちなみにこの時の胚盤上はBAというグレード。この英語部分は資料としては今までもらっていなかったのですが、この時は多分こちらから質問して、培養士さんが記入してくださったものが残っていました。

5日目でBL5(最終段階まで進んでいる)、しかもBAという、今までで一番良い胚盤胞だったんだと思います。予想以上に早い妊娠に、びっくりしたけど本当に嬉しかったです。

 

-不妊治療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

胚盤胞移植か分割胚移植か?1度目の顕微授精で私が後悔した事

2人を無事に出産した今ではもういい事なんですが、当時1度目の顕微授精で失敗が続き、妊娠できなかったころ、私が後悔していたことが1つあります。 こうしていれば、もしかしたら1度目の顕微授精で妊娠できたの …

不妊治療は何年かかる?私が1年4ヶ月で妊娠できた理由

私が不妊治療を始めたのは36歳になってすぐでした。 実は不妊治療をすればすぐに子供が出来ると思っていた私。実際には不妊治療を始めて1年4ヶ月かかりました。それでも、不妊治療にかかる平均年数に比べるとか …

43歳、もう3人目を諦めようと思った出来事

ただいま3人目の凍結胚移植をして結果待ち中の43歳。 今までもたくさん悩みながら、葛藤しながらも、どうしても凍結胚盤胞を破棄したくないという思いで治療を続けてきたわけですが、実は先日、もう諦めようと思 …

破棄できなかった凍結胚盤胞ー3年かかって私が出した答え

今日は不妊治療の病院へ3人目の凍結胚盤胞移植のスケジュールを決めに来ました。 結局前回の診察から2週間、ずっと迷っていました。 仲の良いママ友と話をして決めたつもりだったけど、やっぱり心のどこかで不安 …

43歳3人目、2度目の凍結胚盤胞移植の結果も陰性&その理由

今日は胚盤胞移植の判定の日でした。 43歳、3人目、2度目の凍結胚盤胞移植、予想通り撃沈・・・(^^;) まあフライングしてたので、結果は分かっていたのですが。 そして私の心境としては・・・。 先日の …