高齢出産のその後・・・アラフォーママの子育てブログ

38歳と40歳で高齢出産しました。高齢出産のその後の現実とは?厳しい現実なのか、楽しい子育てなのか・・・?(笑)

不妊治療 悩み

3人目、凍結胚盤胞を移植するか破棄するか、病院へ相談に行ってみた

投稿日:

ずっと悩んでいる3人目の移植。

凍結している残り3つの胚盤胞を破棄できずに、次男が産まれてから3年近く悩み続けています。

関連記事 ⇒ 高齢出産しe40代なのに3人目がどうしても諦められない理由
関連記事 ⇒ 高齢(42歳)で3人目の子供を諦めようかと思う理由とその対策

最近は悩み過ぎて、何だか悩むのがバカらしくなってきて、悩むぐらいなら移植しようという気持ちに傾いていました。

長い一生(半分ぐらい終わってるけど・・・)の中で、子育てで大変な時期なんてほんのわずか。
高齢でも、実家が遠くても、上2人が男の子でやんちゃでも、出来ないことはないはず。
後から振り返ってみれば、きっと笑い話になるはず。
それよりも後悔したくない。

そんな思いでした。

それでも踏ん切りもつかず、とりあえず先日病院に電話をしてみました。

聞くと、相談という形でも予約を受け付けている、というので、少し気が楽になり、とりあえず破棄するのか移植するのか、病院の医師に相談してみようと思い、すぐに予約を入れました。

自分が先生に何を相談したいのか、どういった返答を望んでいるのか、自分でも良く分かりませんでした。

よく口コミで見るような「高齢だから門前払い」みたいな対応であればもう諦めもつくし、いろんな体の状況や過去の妊娠の状況などから、専門家に「やめておいた方が・・・」みたいな話をされれば、それはそれで納得も行くかなと。

逆に、病院に行くことで流れに乗るかな、みたいな気持ちもありました。

そして、ゴールデンウィーク明けに行ってきました。

受付をする時に、「話しやすい先生をお願いします」と伝えていたので、応対してくれたのは女性の先生。

確かに話しにくい雰囲気ではありませんでした。

でも、まず結論から言うと、私が望んでいたような相談ではありませんでした

まあそりゃあそうですよね。かかりつけ医ならまだしも、初めて会う先生に心情的な相談には乗ってもらえるはずもなく、不妊治療の専門病院ということで、頭から「無理でしょう」みたいな対応でもなく、要は「まずは検査をして妊娠できる身体かどうかを調べてから判断しましょう」と。

うん、そりゃ最もですね・・・(^^;

もちろんそれも大事なことだけど、そういうことではなかったんだけど・・・。

まあでも不妊治療の専門病院の先生に「親も近くにいないし、旦那も忙しいし、育てられるかどうか不安・・・」なんて相談しても仕方ないですもんね。

ほんと、私も何がしたかったのか・・・。
悩み過ぎておかしくなっていたのかも(笑)

まあでも病院に背中を押してもらったから、ある意味私の希望通りだったのかな。

で、結局勧められるがまま、出来る検査をやってきました。

とりあえず、病院でいろいろと分かったことをまとめておきます。
参考になる話もいろいろありました。

凍結胚盤胞の移植での着床確率は4割

凍結してある私の胚盤胞は、37歳の時のものが3つ。
グレードは3と4、まあ結構いい状態のものです。

で、その胚盤胞で妊娠する確率は、何と40%!!

私、42歳だし、もっと確率は低くなると思っていたんですが、着床率は母体の年齢ではなく、採卵時の年齢によるそうです。

なので37歳時点での胚盤胞の移植あたりの確率が40%ということのようです。

いやあ、正直ちょっとびっくり!
それ移植したらほぼ妊娠確定やん!

先生にも、「そうですね、妊娠する前提で考えておいたほういいと思います」と言われました。

1人目や2人目の不妊治療中なら本当にうれしい言葉ですが、正直その時の私には少し複雑な心境でした。(不妊治療中の方本当にすみません・・・)

しかも、今凍結している卵たちは、多分とても妊娠する確率の高い卵です。

なぜなら1人目も2人目も1度の移植で妊娠した卵たちだからです。

この辺りの詳しい流れについてはこちらを参照してください。
参考記事 ⇒ 不妊治療の流れー私が不妊治療開始から妊娠に至るまで

採卵ごとにやっぱり卵の質に違いがあり、多分この凍結している卵たちは質が良いと思うと先生も言われていました。

「やっぱり移植=妊娠と思って覚悟を決めて移植しないといけないんだな」と改めて思いました。

ちなみに、年齢により流産の可能性はやっぱり上がるので、4割着床しても出産率は少し下がるようです。

移植だけなら病院に行く回数は驚くほど少ない

これ、2人目不妊治療で知っていたはずなんですが、自分自身も忘れていました。

今回2人上にいての移植ということで、病院に通うのも大変だなあと思っていたのですが、びっくりするぐらいスピーディーです(笑)

検査2日(自費と保険)
検査結果とスケジュール決め1日
生理開始から移植日決定までに1日
移植1日

たったこれだけです!2年半ぶりぐらいに行って、たったの5日で移植まで!?

もちろん、生理開始して行った時に、内膜の厚さ等に問題があれば、移植までの間に何日か増えることもありますが、あまりのスピーディーさに、何だかドキドキしてしまいました。

だって、ゴールデンウィーク明けに行って、最短で6月末とか7月頭には、もう妊娠してるかもしれないんですよ!

覚悟を決める時間さえない・・・(^^;

子供2人いても、あまり問題にならないぐらいスピーディーです・・・。
(いや、いいことなんですけどね。)

もちろん、移植をいつするかは、別に好きな時にすればいいんですが、この流れにのらないと、もう移植が出来ないような気がするので、移植をすると決めたらもうこの最短の流れに乗ろうと思っています。

先生の話を聞いてから検査で採血をするまでの1時間近くの間、私は雑誌を見ることも出来ず、ドキドキしながら固まっていました。

どうしよう、どうしようって・・・。

贅沢な悩みですよね。分かってるんです、頭では。

悩むぐらいならやめればいいし、2人いて十分なんだし、逆に破棄できないなら移植すればいいだけのことだし、破棄できないまま移植できなくなる年齢まで持っていてもいいし。

分かってるけど、本気で真剣に悩んでるんです。
人生でこんなに長期にわたって1つの事を悩んだことってあったかなあってぐらい。

3人目の移植をする人はあまりいない

その後採血で看護師さんとまた少しお話をさせてもらいました。

看護師さんも話しやすい方で・・・。

聞くと、3人目の移植をする人もやっぱりいるのはいるらしい。
看護師さんも「胚盤胞ですもんね、もったいないですよね」って。
「そういって3人目の移植される方もおられますよ~」って。

でも私が「じゃあ結構たくさん3人目移植される方いるんですか?」って聞くと、「3人目まで胚盤胞が残っている方がそんなにいないんですよ」と。

私、IVFなんばは体外受精や顕微授精で超有名な病院だし、どちらかというと刺激での採卵がメインだと思っていたから、私のような人はたくさんいると思っていたんです。

でも看護師さんによると、自然での採卵で卵が1回につき1個とか2個しか取れず、移植ごとに採卵する人も結構いるらしく、それだと当然3人目まで胚盤胞が残ることはないですよね。

それに、2人目までは残っていても、2人目で移植してダメだった時に、上の子を抱えているとやっぱり採卵までは踏み切れず、2人目を諦めている人も多いと思う。

実際私も、2人目で凍結していた胚盤胞を移植し終わったら、採卵をもう一度したかと聞かれると、諦めたかもしれないと思う。

そうなると、確かに3人目までグレードの良い胚盤胞が残っているのは珍しいのかもしれない。

そう考えると、私は本当に贅沢だなあと実感し、何だかますます破棄できない気持ちになりました。

診察の結果、帝王切開後の子宮の状態も、卵巣の状態も問題なく、3人目の妊娠も大丈夫とのこと。

後は持病もあるので、かかりつけ医の同意書(妊娠しても大丈夫ですよってやつ)と、自費での検査があと1日、それが終わればもう移植のスケジュール決めということになりました。

移植するかしないかは、その日(検査結果&スケジュール決めの日)までに考えておいてください、と言われ、気持ちが決まってから検査じゃないんだなあ、この病院、そういえば1人目の時からスピーディーだったよなあなんて思ったり。

9割は頑張ろうと思いつつ、やっぱり決断しきれていない自分もいて、本当にこんな状態(年齢とかお金の事とか上の子の事とか)で3人目を望んでもいいんだろうか、自分に育てられるのか、周りの人の反応は?とか、ぐるぐる考えながら家に帰りました。

 

-不妊治療, 悩み
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

43歳初産一人っ子ママの話を聞いて3人目を悩む私

今日、幼稚園で顔見知りだったあるママと、初めてゆっくり話す機会がありました。 彼女のところは女の子の一人っ子。 うちの長男と学年は1つ違うんだけど、習い事が一緒だったり幼稚園の遠足でペアを組んだことも …

不妊治療は何年かかる?私が1年4ヶ月で妊娠できた理由

私が不妊治療を始めたのは36歳になってすぐでした。 実は不妊治療をすればすぐに子供が出来ると思っていた私。実際には不妊治療を始めて1年4ヶ月かかりました。それでも、不妊治療にかかる平均年数に比べるとか …

高齢出産して40代なのに3人目がどうしても諦められない理由

私は今現在42歳。38歳で長男を出産、40歳で次男を出産しました。 2人とも不妊治療で授かり、38歳初産で2人目まで無事に出産することが出来たことは本当に幸せだと思っています。 もともと1人目を産む前 …

上の2人との貴重な時間のために3人目をまた迷いだした私・・・

超高齢での凍結胚盤胞移植が終わり、今日が判定日です。 でも事前にフライング検査を行い、どうやら今回はダメだったようです・・・(^^; 覚悟を決めての移植だったので、陰性だった時は少し残念でしたが、その …

高齢(42歳)で3人目の子供を諦めようかと思う理由とその対策

42歳、不妊治療で2人の息子を授かり、十分幸せなんだけど、どうしても3人目の子供が欲しくて悩んでいる私。 もうかれこれ1年半以上悩んでいます。悩む時間もないのに・・・(^^; ちなみに、もし望むのであ …