高齢出産のその後・・・アラフォーママの子育てブログ

38歳と40歳で高齢出産しました。高齢出産のその後の現実とは?厳しい現実なのか、楽しい子育てなのか・・・?(笑)

不妊治療

3人目不妊の諦め方・・・私はこれでとても前向きになれました

投稿日:

ずっと迷いながら3人目の不妊治療を続けていた私。

1月末ぐらいに3人目の移植予定でしたが、訳あってこれも移植キャンセル。(これはまた別記事に・・・)

でも実は少し心境が変わってきています。
それもとても前向きに・・・。

3年ほどずっと悩んできて、悩んでも悩んでも答えが出なかった私。
それが今とてもすっきりしています。
(卵はまだ1つ残っていますが。)

同じく悩んでいる人に、少しでも参考になればと書いておきます。

人生でやりたい100のこと

移植キャンセルになるより前のことです。

ふと、自分の人生について考えました。
私の人生はどう生きるべきなのかと

今は子供でせいいっぱいの自分。
高齢で2人を出産し、子育てに忙しいながらも楽しく過ごし、それでも周りの3人目妊娠の報告に心が揺れ、もう贅沢だ、十分幸せだと思いつつも、残りの卵の移植を続けてきました。
(その辺に関してはこのブログの不妊治療カテゴリか3人目タグの記事を読んでください。)

こどもの事で頭がいっぱいだったここ1年ほど。

でも当たり前だけど、何人産んだところで子供はいつか自分の足で自分の人生を歩き出す。

じゃあ私の人生は?
このままいくと、ただ子供のことばかりで、いつか子供が巣立っていったときに大泣きしてしまう自分がすぐに想像できました。

それでいいのかな?
子供のこと以外に、私は何かやりたいことはないのかな?

そう思った時に、以前書いた「死ぬまでにやりたい100のこと」を思い出しました。
(というか、毎年お正月あたりに見直しています。)

何年か前に、何かで知って、自分も死ぬまでにやりたい100の事を考えてみたんですよね。
次男が生まれた後ぐらいだったかな?
数年前です。(次男は今3歳。)

その中には他愛のないこともたくさん含まれています。
北海道旅行とか船旅とか、一生懸命子育てするなんてのも(笑)

それでも100個もあげることは出来ませんでした。

で、今回それを眺めながら、ちゃんと真剣にいつまでに具体的にどうしたいのかを考えてみました。

将来ホームステイを受け入れたい

そのうちの一つに、将来ホームステイや民泊など、海外の人を自宅に受け入れたいというものがあります。

いや、別に私英語話せないんですけどね・・・(^^;)

でもやっぱり子供には必要だと思ってます。
そして、英語は文法や単語を学べばいいのではなく、やはり海外の人と話すことが出来てこそ意味があると思っています。

だから、英会話スクールではなく、実際に海外の人とコミュニケーションが取れるようになってほしい。
そのためには、普段から海外の人と接するような生活をさせてあげたい、と思っているわけです。
(いや、ECC通ってるんですけどね・・・(^^;) ⇒ ECCジュニアの体験談ー年少から2年近く通ってみて分かった事

で、まあ私に外国人の友達がいるわけじゃないし、しょっちゅう海外に行くほどお金もない、もちろん海外留学も長期で行くほどのお金もないし・・・。
(といいつつ、短期の親子留学は私の死ぬまでリストに入っています(笑))

ってことで思いついたのがホームステイの受け入れなわけです!

でね、やっぱりどうせなら小学校の高学年ぐらいまでにはやってみたい。
でもうちはマンション。
空いてる部屋はないし。

う~ん、引っ越しせねば!!

と考えたわけです。
なんて単純な!という気もしますが、私何事も諦めたくないんです(笑)
マンションだから、部屋が狭いから、やりたいことが出来ないってのは嫌なんです!

でも実は今分譲マンション買っちゃってるんですよね(^^;)

となると、引っ越すといってもそう簡単ではないし、お金もかかるし、すでに長男が5歳であることを考えると、そうそう悠長にもしてられないわけです。

どちらにしても他にも家でやりたいこともあるので、いずれもう少し広い家に住みたいと思っていました。
でも、「いつか」と思っているだけではなかなか実行は出来ないわけです。

で、お金の事とかいろいろ逆算して考えていくと、正直今から妊娠して3人目とか言ってる暇は、高齢出産の私にはなかったんですね(笑)

いつか不動産投資に手を出したい

他にもあります。

大それた夢ですが、実は私、昔からずっと不動産投資に興味があったんです(^^;)
まあブログなんでぶっちゃけちゃいますが・・・。

今までに本も何冊も読みました。
実際に物件を見に行ったこともあります。

でも実行に移すことは出来ませんでした。

そのうち、分譲マンション買ってしまってお金なくなりました(笑)

でこれも、いつかやりたいなあぐらいじゃあ、やっぱり出来ないんですよね。
ホームステイの受け入れの話とも関係してくるんだけど、つまりは今の家を賃貸に出して、将来的に自分の新しいもっと広い家を買いたいわけです。

そうすると、新しい家でホームステイの受け入れもできるし、今の家が不動産投資用の物件になるので一石二鳥です!!

と考えると、今私がやるべきなのは、仕事をしてお金を貯めること

ちなみにこんな大それたことを語っていますが、うちは別にお金持ちでも何でもありません。
でも幸い(?)なことに旦那は自営で、私も自分で副業をしています。

つまり安定はしないけど、やり方次第で稼ぐこともできるってことです!
(まあ野垂れ死にする可能性もゼロではありませんが(笑))

他にもね、やりたいことはたくさんあるんです。
水上コテージに泊まりたいとか、ダイエットしたいとか、字がきれいに書けるようにしたいとか、取りたい資格があったりとか・・・。

でもよく考えたら、高齢出産した自分にはあんまり時間はないんです。
逆算して試算したら、本当に時間が足りないんですよ!!

私思わず自分の年表作っちゃいました(笑)
そしたら、3人目の子供を産んでいる余裕は、時間的にありませんでした(^^;)

やりたいことがあるなら必死で頑張らないと、きっと死ぬまでにやりたい100の事は半分も死ぬまでには出来ないんです

里子を受け入れるということ

実は私の死ぬまでにやりたい100の事に、今回もう一つ付け加えたことがあります。

私、もう一つやりたいことがあったのを思い出したんです。

2014年にあった神奈川県の事件、5歳の男の子が餓死した事件、覚えていますか?
私、あのニュースを見て、初めてニュースで泣きました。

あまりにもかわいそうで。
そんなことするなら私が育ててあげたのに。

その気持ちは今でも変わっていません。

2010年におこった大阪の姉弟の餓死事件。
あれも覚えています。

同じ大阪だったし、場所もそんなに遠くではなかったので。

そんなことするぐらいなら私が育てたのに!
餓死とか虐待とか、そんな悲しい事件をニュースで見るたびにいつもそう思ってきました。

でもね、これもやっぱりニュース見て泣いてるだけじゃ何も出来ないんですよ。
本気で思うならちゃんと行動に移さないと。

だから私、死ぬまでにやりたい100のことに、里子を受け入れることを書き足しました。
そして、不妊治療がちゃんと終わったら(最後の1つを移植するかどうかはわからないけど)、里親の登録をしようかと思っています

まあまだ詳しく調べていないので、私ができるかどうかも分からないですけどね。

そう考えたらね、別に自分の子供にこだわる必要はないのかなと思ったんです。

う~ん、子供が欲しいから里親になりたい、というのとはちょっと違うんですが・・・。
うまく言えないけど、私に少しでも余裕があるなら、泣いたり憐れんだりするよりも、実際に手を差し伸べたほうがいいんじゃないか、というか。
子供が好きなら、自分の3人目じゃなくても、できることはたくさんあるんじゃないか、というか。

うまく言葉には出来ないですが・・・。

そんなことを思い始めました。

3人目の諦め方、まとめ

実は不妊治療の病院のほうには、1回休んで次の周期に移植することに一応なっています。

でも正直迷っています。

それは、今までの後ろ向きな悩みではありません。

高齢だから、お金がないから、旦那が忙しいから、とかそういうのではなく、初めて前向きに今の2人の子供と一緒に、自分の人生を楽しんでいこうと思っている自分がいるからです。

私にはやりたいことがたくさんある。
その為には今やるべきことがたくさんある。

もちろん、自分の子供をたくさん産んで一生懸命育てる、そんな人生も素敵だと思います。
周りの4人とか7人とか子供がいるママ友のことを尊敬しているし、いいなあとも素直に思います。

きっと高齢出産でなければ、3人とか4人とか子供を産んでも、子供がある程度大きくなった後にまだまだ自分の時間がたくさんあって、それからでも自分のやりたいことが出来るしね。

でも私の場合は、子供が小さい今、すでに43歳。
同時並行でいかないと、時間がないんですよね(^^;)

まあこれ、3人目だから思うことかもしれません。
もし1人も子供がいなかったら、やっぱりこんな風に気持ちを切り替えるのは難しかったかもしれないから。
2人目だったらどうだったかな。
私の場合は2人目は全く迷ってなかったから、やっぱり納得がいくまで頑張ったかも。
(たまたま2人目はすぐに妊娠しました。)

よくWEBで掲示板とかを見ていると、お金がないから、高齢だから、2人目諦めるとか3人目諦めるとか出てきますが、私は諦めるのが嫌いです。
だから今までは不利な条件はいろいろあったけど(高齢だしね)、諦めるのがとても嫌でした。

でも、はじめて前向きな気持ちで「もう十分かな、次のステップ(自分の人生)に進もうかな」と思っています。
そう思うことでものすごくすっきりしたし、楽にもなれました。

こんなに急激に気持ちが変わることに自分でも驚いています。

といいつつ、最後の移植はするかもしれないですけどね(笑)
それは、残った最後の1つの卵に対しての礼儀というか・・・。

「どうしても3人目が欲しい!」という思いは消えたけど、「卵を破棄することへの罪悪感」だけはやはり最後まで消えないので・・・(^^;)

とうことで、もし今悩んでいる人がいれば、ぜひ「死ぬまでにやりたい100の事」書き出してみてください!
そして、書くだけじゃなくて、具体的にいつまでに何をどうすれば達成できるのか、逆算してみて下さい!

もしかしたら子供を妊娠出産すること以外にも、自分のやりたいこと、今やるべきことが見つかるかもしれません(^^)

 

-不妊治療
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

43歳3人目、2度目の凍結胚盤胞移植の結果も陰性&その理由

今日は胚盤胞移植の判定の日でした。 43歳、3人目、2度目の凍結胚盤胞移植、予想通り撃沈・・・(^^;) まあフライングしてたので、結果は分かっていたのですが。 そして私の心境としては・・・。 先日の …

凍結胚盤胞移植の費用

IVFなんばの体外受精(顕微授精)料金が大幅アップしたらしい

先日、体外受精のスケジュールを組みにIVFなんばに行った時に、帰る時に料金の説明をされました。 参考記事 ⇒ 破棄できなかった凍結胚盤胞ー3年かかって私が出した答え どうも私が以前通ってた時から値段が …

3人目の凍結胚移植、内膜が厚くならずキャンセル後の43歳の独り言

子供の夏休み前に1度目の胚移植をして陰性。 夏休みはお休みして(忙しいので)、9月に2度目の凍結胚移植をする予定で準備中で今日内膜の厚さを見るための診察だった。 予想外の出来事が起こり、ちょっと凹んだ …

40代からの不妊治療ー人工授精か体外受精か?

先日、同級生(今年43歳)と少し年上の先輩(今年46歳?)と会う機会があり、不妊治療について話をしました。 もちろん2人とも私が不妊治療(顕微授精)で2人を授かったことも知っていて、今3人目の治療で悩 …

43歳、もう3人目を諦めようと思った出来事

ただいま3人目の凍結胚移植をして結果待ち中の43歳。 今までもたくさん悩みながら、葛藤しながらも、どうしても凍結胚盤胞を破棄したくないという思いで治療を続けてきたわけですが、実は先日、もう諦めようと思 …