高齢出産のその後・・・アラフォーママの子育てブログ

38歳と40歳で高齢出産しました。高齢出産のその後の現実とは?厳しい現実なのか、楽しい子育てなのか・・・?(笑)

不妊治療 日々の子育て

45歳で不妊治療をやめた先輩の話

投稿日:2017年5月3日 更新日:

ゴールデンウィークの今日、昔の職場の先輩と私と私の息子達で天王寺動物園に行ってきました。

もともとはランチのお誘いがあったんだけど、子連れでもいいよ~とは言ってくれたけど、さすがに4歳と2歳のやんちゃな息子たちを連れてのランチは、全くゆっくり話も出来ないのが分かっていたので、子供が楽しめるところに遊びに行きませんか?と誘うと、「行こう!行こう!」と言ってもらえたので天王寺動物園に行くことに。

(もともとのゴールデンウィークの予定とは全く違いますが・・・。)
参考記事 ⇒ ゴールデンウィークに私と子供2人、予算1万円で楽しむ方法を考えた

そこで高齢、不妊について何だか切なくなってしまった。

子供が大好きな先輩なのに・・・

彼女はもう15年ほど前の職場で一緒だった先輩です。

先輩なのに何だかとても話が合い、仕事も出来、本当に優しい先輩でした。
私は彼女が大好きでした。(あ、もちろん今でも大好きです。)

職場が一緒だった期間は本当に短かったんだけど、縁があったのかなあ、それ以来ゆる~く長~く、仲良くしてもらっています。

私の結婚式には、県外までたった一人で来てくれて(当時は地元に帰っていたので)、他に知り合いもいない中、快く出席してくれました。

彼女が結婚したのは、43歳ぐらいの時。
私もまだ小さい下の子を連れて(上の子は実家にお泊りに行っていた)出席しました。

中々いい出会いがなかった先輩の結婚に、私は本当にうれしくて、結婚式ではこっそり号泣。
(っていうか、結婚の報告の時点でうれし泣き・・・(笑))

その後、子供が好きな先輩に、「まだ絶対大丈夫ですよ!子供作るならすぐにでも不妊治療した方がいいですよ」という話をしていました。

もちろん彼女は私が高度不妊治療で2人を授かったことを知っていました。

でも彼女は「治療までは考えてないんよ~。自然に出来たらうれしいけどね」と言っていました。

今日会ったのは本当に久しぶりだったんだけど、実は人工授精をしていたとのこと。
「でも2回で諦めちゃった」と明るく話していた先輩。

私は、彼女が不妊治療を行っていたことに少しびっくりしました。
やっぱり子供が欲しかったんだなあって。

彼女はとても子供好きで、昔から姪っ子ちゃんをすごく可愛がっていました。

家族がみんな仲が良いので、姪っ子ちゃんとも頻繁に会っていて、いろんなところに遊びに連れて行ったり、写真も携帯に保存してたし、私にもよく見せてくれました。

今日、大きくなった私の子供たちにも久しぶりに会い(ちゃんと子連れで遊びに行ったのは初めてでした。)、私の子供たちを本当にかわいがってくれました。

息子たちもすぐに懐いて・・・。やっぱりちゃんと自分を見てくれて可愛がってくれる人は、子供はすぐにわかるんだろうなあなんて思ったり(#^^#)

そんな彼女が不妊治療を諦めたのは、やっぱり仕事との両立、年齢の事、ホルモン注射とかが体に合わなくて体調不良になったこと、などだったようです。

「すごいよね~、体外受精までしたんだよね。ほんとよく頑張ったよね」と私に言ってくれました。
そして「私はそこまで無理だったわ~」って笑ってた。

まあ今45歳だからね、出来る確率は低いかもしれない、体外受精とかは今でもする気はないみたいだし、そもそもこの年齢では体外受精でも人工授精でもそんなに確率は変わらないとも言われているし。

実際先生にもそういわれたみたいだし。

だけど、子供が大好きな先輩、不妊治療を諦めたばかりなのに、うちの子たちにも自分から会おうって誘ってくれた先輩、人の妊娠とかを羨ましいとか言うのも聞いたことないし、私の結婚や出産もいつも心から喜んでくれた先輩。

仕方がないかもしれない。
もしかしたら、私が思うほどには「子どもが欲しい!!」とは思っていないのかもしれない。

でも、自分が子供が欲しくて不妊治療に通い、何度も泣いて辛い思いをして、このまま一生子供が出来ないかもしれないと思うと胸が張り裂けそうだったことを思い出すと、今はどんな思いなんだろうと切なくなってしまった。

先輩は「奇跡でも起こって妊娠したらいいんだけどね」ってまた笑って話してた。

きっと不妊治療をやめたってことは、いろんな思いがあったり覚悟があったりして、旦那さんと話し合って決めたことだろうから私がとやかく言えることではないのは分かってる。

それに、今自分が42歳で年齢の壁にぶち当たり、今の年で3人目を考えるのもなあって毎日毎日悩んでいるから、自分と同年代以降の人に、以前ほど簡単には不妊治療を勧められない自分もいる。

以前は簡単に「子どもが欲しいなら早く不妊治療した方がいいよ~」「タイミングとかやってる場合じゃなくて、本当に欲しいならせめて人工授精とかした方がいいよ~」なんて平気で無責任な事を言っていた私なんだけど・・・(^^;

実際に幼稚園に子供が通いだして、周りのママたちと比べて高齢ママの自分を思い知らされる毎日も知ってる。

38歳で産んだ私でも、男の子2人の子育てで体力的にもかなり厳しくて、口で言うほど高齢ママの子育てが簡単でないことも良く分かっている。

子供がいる人生が全てではないことも分かってるし、子供がいなくても幸せに人生を歩いて行けることも良くわかってる。

それでも子供が欲しいと思っている人には、やっぱり子供が出来たらいいのになあと思ってしまう。

夜、子供と一緒に布団に入りながら、なぜか先輩の事が頭から離れず、いろいろと考えてしまいました。

奇跡、起きないかな・・・。

こんなこと書いてるのが見つかったら怒られるかな。

昔からずっと前向きな先輩。あまり愚痴とかも聞いたことがない先輩。いつも明るくて優しい先輩。

きっと子供が出来なくても幸せにやっていくんだろうなあってことも分かってるけど、出来ることなら奇跡が起きたらいいなあとこっそり願っています。

 

-不妊治療, 日々の子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

上の2人との貴重な時間のために3人目をまた迷いだした私・・・

超高齢での凍結胚盤胞移植が終わり、今日が判定日です。 でも事前にフライング検査を行い、どうやら今回はダメだったようです・・・(^^; 覚悟を決めての移植だったので、陰性だった時は少し残念でしたが、その …

子宮内膜を厚くする薬、フィルグラスチム(G-CSF)を使ってみた

今日2度目の凍結胚盤胞移植をしてきました。 前回は移植キャンセルになってしまいましたが、やはり今回もスムーズにはいきませんでした。 参考記事 ⇒ 3人目の凍結胚移植、内膜が厚くならずキャンセル後の43 …

不妊治療の費用の現実ー私が1人目を授かるまでにかかった総額

不妊治療で2人の子供を授かった私ですが、不妊治療には本当にお金がかかりました。 不妊治療が辛かった事の1つが高すぎる治療費のことでしたね。カードで払っていたのですが、本当に請求書が恐ろしかったのを覚え …

破棄できなかった凍結胚盤胞ー3年かかって私が出した答え

今日は不妊治療の病院へ3人目の凍結胚盤胞移植のスケジュールを決めに来ました。 結局前回の診察から2週間、ずっと迷っていました。 仲の良いママ友と話をして決めたつもりだったけど、やっぱり心のどこかで不安 …

幼稚園でママ友トラブルを避けるために私が気を付けている事

長男が幼稚園に入る前、ママ友の世界って本当にトラブルがいろいろあるのかしら・・・なんて多少の不安があった私。 実際には良いママ友に恵まれて、今のところ大きなトラブルは起きていません。 周りに恵まれたの …