高齢出産のその後・・・アラフォーママの子育てブログ

38歳と40歳で高齢出産しました。高齢出産のその後の現実とは?厳しい現実なのか、楽しい子育てなのか・・・?(笑)

不妊治療

43歳、3度目の凍結胚盤胞移植でまさかの3人目妊娠判定!

投稿日:

いろいろあり、ずっと更新していませんでしたが・・・。

決して治療で効果が出なくて落ち込んで・・・とかではありません(笑)
いろいろと忙しすぎて、ブログもやめようかなあなんて思っていたこともあり、更新していなかったのですが、どうしても報告したことが出来ました。

実は5月の連休明けに最後の移植をしました。

子宮内膜が厚くならなくてキャンセルが続いていましたが、何とか移植することが出来ました。

移植までの流れ

今回も子宮内膜が厚くならないことが想定されたので、IVFなんばでは規定が8mmなんだけど、特例で7mmを超えたら移植ということで進めることになりました。

ほんと、問題児です・・・(^^;

で7mmを超えたら、以前効果があったフィルグラスチムを今回も使用することに。

参考記事 ⇒ 子宮内膜を厚くする薬、フィルグラスチム(G-CSF)を使ってみた

バルデナフィル膣座薬を使うという話もあったんだけど、イマイチ効果が分からなかったのと、毎日膣座薬を入れるのが嫌だったので、今回はフィルグラスチムの方にしてもらいました。

参考記事 ⇒ 43歳3人目、3度目の凍結胚盤胞移植、子宮内膜が薄くてまたもや中止!

7mmを超えたらフィルグラスチムを使用するとのことで、生理から13日目に6.5mm、21日目に7.1mmとなり、その日にフィルグラスチムを使用して、連休があったので連休明けの28日目が移植日となりました。

移植の日にもう一度内膜を測定すると8.1mm。
8mmなくても移植できたんだけど、なんとか8mm越え。

胚盤胞は今までで一番ランクの低い6日目胚盤胞。
4BAというグレードでした。

実は今までのは5日目胚盤胞。
今回のは6日目胚盤胞だから成長がちょっとだけ遅いとのことで、グレード自体は悪くないんだけど、IVFなんばでは5日目胚盤胞よりも6日目胚盤胞の方がランクが下になります。

で、そもそももう3人目を諦めていた私。

参考記事 ⇒ 3人目不妊の諦め方・・・私はこれでとても前向きになれました

移植後も看護師さんと「これフライングして陰性だったら判定日って来なくてもいいんですかねえ?」なんて話をしてたぐらいです。

移植した日は雨だったんだけど、雨の中晴れ晴れした気持ちで帰りました。
「あ~、やっと私の治療も終わったんだ!!」という気持ちでいっぱいでした。

BT6日目、フライングでまさかの薄い線が!

BT6のクリアブルー

BT6のクリアブルー。
判定後数時間してから写真にとったところ。

そして移植後。

なんの兆候もなく、どうせ陰性だろうと思ったんだけど、早くはっきりさせたくてBT6日目にクリアブルーを使ってフライング検査。

そしたら・・・。
まさかの薄い線。

といっても終了線よりも後に出てきたし、薄かったから「蒸発線?たしかそんなのあったような」なんて思うことにした(笑)

で、外出後にもう一度見てみると何だか線がはっきりしてる!?
う~ん、目の錯覚には見えないし。

ということで次の日とその次の日もフライング。

BT6のクリアブルー

BT7のクリアブルー。
これも数時間後にとったもの。

やっぱり終了線の方が先に出るんだけど、決して気のせいというような線でもなく、何となくはっきり見えるような見えないような・・・。

「え、まさかの妊娠!?」
「いやいや、着床しかけたとかそんな感じかな・・・?」

なんてドキドキしつつ、でもそれ以上はもうフライングはしませんでした。

判定日

そして判定日。

まさかの陽性判定。

もちろんその時にはもう覚悟はしていましたが。
HCGの値も225ぐらいだったかな。

4週と1日だったんだけど十分な数値。

いやあ、正直びびりました。

43歳、陽性判定後の正直な気持ち

こんなことを書くと批判をされそうですが・・・。

正直嬉しいという気持ちよりも戸惑う気持ちの方が大きかったです。

もう本心で諦めていたからかな。
諦めるというか前を向いていたから。

じゃあなんで移植したんだと思われそうですが、やっぱり私の根本にあったのは、「もし産まれるべき子供がまだいるのなら産んであげたい。破棄だけは出来ない。」という思いだったから。

参考記事 ⇒ 高齢出産して40代なのに3人目がどうしても諦められない理由
参考記事 ⇒ 破棄できなかった凍結胚盤胞ー3年かかって私が出した答え

決して「どうしても3人目が欲しい」という思いではなかったんです。
妊娠して初めてはっきりと自覚しました。

もちろんだからといって3人目が欲しくないわけではありません。
3人目を妊娠したママたちを見るとずっと羨ましかったし。
元々子供は大好きだし。

でも妊娠したとたん、現実を考え始めました。

「出産時44歳って・・・。いろんな意味で大丈夫か?」

「あ~また妊娠糖尿病になるのかな、インシュリン注射、嫌だなあ」

「夏に1週間行く予定だった母子旅行、どうしよう?」

「出産前後、親も遠いし旦那も激務で上の子たちはどうしよう?」

「ママ友たち、何て言うかな?引く人もいるだろうなあ」

 

などなど。
なんかいろんな事が急に不安になってきてしまいました。

その一方で、
「やっぱりもう一人産まれるべき子供がいたんだ。
破棄しなくて良かった~・・・。」
という思いもあります。

ちなみに判定日の1週間後に胎嚢もしっかり確認出来て、今週は心拍確認です。
考えなくてはいけないことはたくさんあるんだけど、出産に向けて少しずつ準備していかなきゃなあと思っています。

とりあえず、ご報告まで。
43歳、凍結胚盤胞が破棄できず、悩んで悩んで1年かけて移植して、結局3人目を妊娠したってことが誰かの参考になれば・・・(^^;

 

-不妊治療
-

執筆者:


  1. にゃん より:

    毎回こちらのブログを楽しく読ませていただいております。
    妊娠陽性判定とのこと、おめでとうございます!
    44歳で出産、いいじゃないですか。何も気にすることはないと思います。私も今43歳、もしIVFがうまくいけば、出産するころには44歳になります。私も最初は44歳で子供ってどうよ?とは思っていたのですが、なんでそう思うのか考えた時、人の目、世間の目を気にしているからだと気づきました。自分が子供がほしいのだから、人がどう思おうがいいじゃないか、と考えたら、楽になりました。まとまりのない文章で申し訳ないですが、とにかく、ママ友がどう思おうがいいんです!他にも色々上のお子さんのことや心配はあると思いますが、きっとなんとかなりますよ!今はお腹に宿った命があります。無理をなさらず、お体大事になさってください。

  2. 匿名 より:

    はじめまして。こっそり拝見していたのですが、ご妊娠おめでとうございます。私も41、42になりますが3人目は悩んでしまうのですよね……と言っても凍結胚もないですが……やはり年齢で悩みますね

  3. あい より:

    おめでとうございます!!
    以前コメントした者です。更新がないので、どうかなぁと不安に思っていました。

    私もまだ移植すらしてないのに、つわり嫌だなぁとか陣痛またあるのかぁとか会社からまた産休取るのか…とか思われないかな…とか考えてます(笑)
    その一方で三人目産まれました(とくに女の子)、とか見ると羨ましいっ!と思ったり…。
    周りのママ友さん達のことは気にせず、体を大切にしてくださいね。
    そしてこれがスタートなのでこんな事を言うのは変かもしれませんが、不妊治療本当にお疲れ様でした。無事に生まれることを願ってます。

    胚盤胞は女の子の方が分割が遅いそうなので、移植が後の方が女の子の確率が高いとかどこかで読んだことがあります。性別も楽しみですね。

    最後の妊娠、最後の赤ちゃん、三人の子育てはとても大変だと思いますが、楽しんで過ごしてくださいね。

  4. 高齢ママ より:

    にゃんさんへ

    優しいコメント、ありがとうございました。
    ほんとそうですよね~。
    自分が人の目をきにしているだけなのは分かっているんだけど、いろいろ気になっちゃいます(^^;)
    でもいっか。そうですよね。人にどう思われようが。
    私ももっと強くならなくちゃ。
    励ましコメントありがとうです。これからまだ何があるか分かりませんが、頑張りますね!!

  5. 高齢ママ より:

    匿名さんへ

    ですよね・・・。
    悩みますよね。
    何年も何年も悩んだので本当によく分かります。
    私はきっとどっちになっても(最後の移植が陰性でも)後悔はなかったと思います。
    きっとたくさん悩んで悩んで出した結論なら、どういう結論でもすっきりするんだと思います。
    匿名さんもたくさん悩んで、後悔のない選択をして下さいね!
    コメントありがとうございました!

  6. 高齢ママ より:

    あいさんへ

    こんにちは(^^)
    再びのコメントありがとうございます!
    あいさんは移植どうなりましたか?
    お互いいろいろ悩みますよね。
    私もホント出来てもいない時にたくさんたくさん悩みました。
    今でもしょうもないことでいろいろ考えこんでいますが(^^;)
    でも不妊治療やっと終わった~!長かったです。
    あいさんもどういう選択をするのか、楽しみに待っていますね。
    女の子の方が胚盤胞の成長が遅いってのは初めて聞きました!
    やっぱりこの子は女の子かも(笑)
    でもどちらになっても、ここまできたら腹を決めて頑張ろうと思います!
    また遊びに来てくださいね!

  7. 匿名 より:

    優しい返信をありがとうございました。私も下の子が生まれてしばらくはもうないかなと思ってはいたのですが、悩んで悩んで3年ほどたってしまいました。うちはチャレンジはまだわかりませんが、やはり新生児って本当に愛しい存在ですものね。本当におめでとうございます!これからも楽しいブログ楽しみにしています。お大事にして、無事のご出産を祈っております。赤ちゃん楽しみですね、嬉しいご報告も待っておりますね。これからも遠くから応援しています。

  8. かりん より:

    妊娠おめでとうございます。

    私は凍結胚で第3子を先月出産しました。
    出産時年齢、45歳です。
    移植までにかなり悩みましたが、胚盤胞が命に思えて廃棄できませんでした。
    妊娠中は体がだるくてつらく、つわりも一番ひどかったです。
    やはり、高齢すぎて出産には無理があったか、、と悶々とする日々でしたが、産まれてみたら、もう本当にかわいいです。
    廃棄してたら、この子には会えてなかったと思うと、頑張って良かったと思います。

    もちろん出産まで無事にきたから言えることですし、今後についても体力、経済面で不安はあります。
    でも、一生懸命悩みながら出した結論なので、あとは前を向いて進むだけです。

    今後の経過が順調でありますようにお祈りしています。頑張ってくださいね。

  9. ぷちパンダ より:

    こんにちは 三人目妊娠おめでとうございます。実は私も、二人目の不妊治療の際の、凍結胚盤胞が残っていて、でも破棄する決心がつかず、迷いながら毎年更新を続けてきました。どうしようか悩んでいた時に、このブログにたどり着きました。みんな、残っている凍結胚をどうされているんだろうと、思いながら。 
    読み始めたころ、私も四十三歳でした。上の子たちの強い希望もあって、最後の一個をお迎えにいく決心がつき、通院を再開しました。再開してもなかなかうまくいかず、内膜が厚くならなかったり、卵胞が育ってしまったりで、移植キャンセルが続いていますが、あと一つの卵を無事にお迎えできるようにがんばりたいと思います。
    ずっと冷たいところで待っていてくれた大切な卵なので。どうか、うまく移植できて、赤ちゃんを授かれますようにと願いながら。
    高齢ママさんのブログからは、たくさんの勇気をもらいました。ありがとうございました。

  10. 高齢ママ より:

    匿名さんへ

    またまたのお返事ありがとうございます(^^)
    (相変わらず返事が遅くてすみません!)

    つわりと、実は早々に妊娠糖尿病になり凹んでいたところだったので、優しいコメントに元気をもらいました。
    遠くからでも応援してくれている人がいるんだなと。
    最近いろいろありすぎて忙しすぎて、更新も全く出来ていませんが、また頑張ろうと思えました(^^)
    ありがとうございました。
    懲りずにまた遊びに来てくださいね!

  11. 高齢ママ より:

    かりんさんへ

    すごい!
    なんて似たような感じ(笑)
    実は私も「やっぱり高齢過ぎたか・・・涙」と思って少し凹んでいたところでした。
    2人目もそうだったから覚悟はしていたんだけど、なんと早すぎる妊娠糖尿病の発覚。
    正直、何で3人目が欲しかったんだろうとまで思う毎日。

    でもかりんさんの「産まれて見たらもう本当にかわいいです」というコメントに本当に勇気をもらいました。
    きっと私も産まれてきたら「あの時移植して良かった」と思えるはず。
    まだまだきっとトラブルが多発するであろう妊娠生活、頑張って行こうと思います。
    本当に励ましのコメントありがとうございました。

  12. 高齢ママ より:

    ぷちパンダさんへ

    コメントありがとうございます。
    プチパンダさんも私と似てますね~!
    しかも今頑張っておられる最中なんですね。
    年齢があがると、不妊治療も本当になかなか進まないですよね。
    分かります!私も3つの移植に1年かかりましたから!
    でもせっかくお迎えに行く決心がついたんだし、最後の1つで赤ちゃんが授かれるといいですね。
    私も最後の1つで妊娠したので、ぜひぜひ頑張ってください。
    2人の子育てと不妊治療、きっと大変だと思いますが、私も応援しています。
    こちらこそ、ありがとうございました(^^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

超高齢(40代)での凍結胚盤胞移植までに私がやるべきこと

凍結胚盤胞の移植まであと1カ月足らず。 それまでに自分がやるべきこと(既にやったことも)をまとめておきます。 目次1 ダイエット(ウォーキング)2 体調管理(かかりつけ医と相談)2.1 喘息と橋本病の …

凍結胚盤胞移植の費用

IVFなんばの体外受精(顕微授精)料金が大幅アップしたらしい

先日、体外受精のスケジュールを組みにIVFなんばに行った時に、帰る時に料金の説明をされました。 参考記事 ⇒ 破棄できなかった凍結胚盤胞ー3年かかって私が出した答え どうも私が以前通ってた時から値段が …

上の2人との貴重な時間のために3人目をまた迷いだした私・・・

超高齢での凍結胚盤胞移植が終わり、今日が判定日です。 でも事前にフライング検査を行い、どうやら今回はダメだったようです・・・(^^; 覚悟を決めての移植だったので、陰性だった時は少し残念でしたが、その …

不妊治療の費用の総額(2017年分)を振り返ってみた

確定申告の準備の為、先日とうとう医療費の計算に手を付けました。 実は今まで目を背けていたので、不妊治療にいったいいくらかかったのか計算していなかったのですが・・・(^^; 成果も出していないのに(妊娠 …

不妊治療中一番辛かった友人の妊娠報告、でも6年後の今・・・

不妊治療って辛いです。 先の見えない辛さやリセットの辛さ、お金に対する不安など、私も本当にしんどかったのを覚えています。 その中でも一番辛かったのは友人の妊娠報告でした。口コミを見ていても、同じように …